スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーバレラ

バーバレラ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バーバレラ」

【ストーリー】
すべての兵器が廃止された遠い未来、主人公バーバレラは、陽電子光線発生装置を発明したくじら座タウ星の科学者デュラン・デュラン博士を探せ、という密命を地球大統領から受ける。装置が破壊兵器に転用されれば、武装のない地球は簡単に征服されてしまう。バーバレラはタウ星に向かい、セックスに満ちた冒険を繰り広げ、タウ星を回る惑星の地下に広がる都市を支配する女王や、悪党デュラン・デュランと対決する。


評価:
A

 溜め込みすぎてて書くのが億劫になっていたので、精神をすり減らさないように少しずつ消化していきたいと思います。

 というわけでバーバレラでございます。
 はるかな昔、「不思議の国の美幸ちゃん」で「美幸ちゃんが深夜放送のバーバレラのテレビ放映を寝過ごしてがっかりしたところ、バーバレラの世界に引き込まれる」というお話があったのですが、今思えば「夜更かししてまでバーバレラを見ようとする女子高生がいるもんか!」ってなりますよね。現実にいたらいたで、かなり将来有望なので大切にしたいと思うのですが、現実は厳しく、女子どころか男子でも非常に稀な存在でしょう。
 んでまあ、そのバーバレラです。
 映画自体は決して上質といえるものではなく、粗は多く予算は少ないという、これでもかってくらいB級映画なわけですが、どういうわけか、名作に数えられる作品であります。
 いやまあ、カルト映画を「名作」と言ってよいのであれば、ですけれども。でも、スター・ウォーズだってはじめはカルトだったわけだしね!
 この映画がどんな映画のあらすじを一言で言うなら、「行方不明の科学者がマッドサイエンティストだったから、そいつを倒して世界を救う」というもの。非常にナンセンスにして、非常にチープ。それでもこの映画が名作に数えられるのは、ひとえに「ジェーン・フォンダが美人」であり「その美人が頻繁にエロい衣装を着替え」「ついでにエロいことをする」という、その一点にあります。勿論、その衣装を含めて美術造形に今の時代にはないセンスの良さがある、というのもあるのですが、それを凌駕する勢いでやはり「バーバレラがエロい」というのが訴求力として大きいと思うのです。正直、そのために見ていると言っても過言ではないでしょう

バーバレラ
かの有名な無重力ストリップ。
ガラスの上に寝転がって撮影してるんですって!

 ただ、訴求力は確かにそこにありますが、映画は決して、そこだけの映画ではないのです
 音楽や演出も含めて、全体的にセンスが良いのですよね。服装も、たしかにエロいのですが、それだけではなく格好良さも感じさせる。宇宙船の外装や内装も然り、ソゴーの人々の服装なんかも色々と奇抜で良いのですよ。そいつらが、非常にチープな画面の中に収まっている。「低予算」という枠に閉じ込められるには、これらのセンスはちょっとばかり抜け出していて、それも相まってか非常にセンスよく見えるのですよ。

バーバレラ
1968年にこの服装のセンス。

 まあ、などと色々言った所で、結局「エロい女の子最高!」というところが大本にあることは、揺るぎのない事実。そしてそれを声高に叫ぶことも、また映画の一つの要素なのですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。