スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムゾン

クリムゾン

 を見て参りました。
 見た映画は「クリムゾン」

【ストーリー】
サラ、マーリー、エマの三姉妹は、事故に遭って以来悪夢にうなされるエマの治療のため、叔母の住む孤島へと向かっていた。しかし、島に着くと島民の姿は見えず、道端で目がくり抜かれ体が焼け焦げた叔母の死体を発見する。島民はいなくなった訳ではなく、すべて何者かに殺されていたのだった…。


評価:
C

 「クリムゾン」と聞くと人類の9割「くやしい…!でも…(ビクンビクン)」となる方を思い出しますが、アダルトではなく普通の映画です。

 「クリムゾン」「2015」で検索しても「クリムゾン・ピーク」が引っかかってこの映画のことが出てきませんでしたよ、っと。原題の「THE HOLLOW」で調べたらちょっと色々出てきました。

 なんでまあこの映画なんですけど、要旨としては「故あって離島に行った姉妹がモンスターに襲われる」というお話。どこにでもあるB級映画のストーリーですね。
 実際に映画としての基本線は「モンスターパニック」であり、実際にモンスターが出てきて、人々を次々と襲うのです。姉妹はモンスターから逃げ、結果的に、モンスターを倒すのですよ。
 ただ、映画の全体雰囲気がモンスターパニックのそれではなく、ホラー映画の雰囲気なのですよ。
 島に到着してから、叔母さんの死体を車から引っ張り出すところとか、死体だらけの町を進んでいくところとか、モンスターではなく心霊的なホラーの演出が施されているのですよ。だから、演出はよくできているのです。
 ただね、モンスターがそれに釣り合っていない。
 釣り合っていない、というか、モンスターの造形はそんなに怖くない。襲い方もそれほど恐怖を掻き立てるものではないし、実際冒頭の叔母さん以外はそんなに怖くはない。怖いように見せかけて、結果肩透かしというシーンが、結構全編に漂っているのです。
 このあたりのちぐはぐさが、上手く乗り切れませんでした。
 姉妹の関係性はよかったし、映画の雰囲気自体は良かったので、もっとそれに見合うクリーチャーと、残虐シーンの演出をしていけば面白かったのではないかなー、と思うのです。

クリムゾン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。