スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インビジブル・スクワッド

インビジブル・スクワッド

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「インビジブル・スクワッド」

【ストーリー】
ヒーローに憧れる内向的な少年ミケーレは学校でいじめられてばかりいた。ある時、トイレに閉じ込められ、ペイントガンの標的にされたミケーレは、抱えていた怒りを爆発させてしまう。すると、いつの間にか体が透明になり、服を着ていなければ誰にも見えない透明人間になっていた! 突然の変化に動揺するミケーレ。そんな彼の前に、同じ特殊能力者であるアンドレイという男が現れ、<ディヴィジョン>という謎の組織のことを語り始める。<ディヴィジョン>は、特殊能力を持つ可能性のある子供を次々に誘拐し、戦争兵器として利用しようと企んでいるというのだ。自らの能力と使命に気づいたミケーレは、子供たちの命と平和を守るため、目覚めたばかりの特殊能力を使って組織のアジトに乗り込むのだが…。他人の肉体を自在に操る男、無限に伸びる腕、テレポーテーションや読心術…。敵の組織に蠢くあらゆる能力者たちとの、地球の命運をかけた超能力バトルがいま始まる! !


評価:
A

 「インビジブル・スクワッド」という「わたしらスーサイド・スクワッドに便乗しましたよ!」って言う体を隠しもしないタイトルですが、これは残念ながら邦題だけです。邦題っていうかまあ、トランスフォーマーの人たちがつけた邦題ですけどね
 なにゆえスーサイド・スクワッドに便乗しようとしたかは分かりませんが、本編はスーサイド・スクワッドとはストーリーにもデザインにも関係がありません。だったら、まだ「アリスVSモンスター・スクワッド」の方がよっぽど近いです(まあ向こうは明確にパクってるわけですが)

インビジブル・スクワッド

実際はこんなパッケージなので。

 ストーリーとしては、実に純粋な「ジュブナイルもの」「スーパーヒーロー覚醒もの」なわけです。いじめられっ子の少年が、ふとした時に透明人間になる力に覚醒し、はじめはそれを濫用しながらも、愛しいあの子が悪い組織にさらわれて、助けるためにいじめっ子と協力して能力を駆使して女の子を助ける。事態は収拾し、ヒーローとして覚醒したことはみんなの記憶から消え、ヒーローとして力は使えなくなっても、成長した彼は自分の力でいじめっ子と渡り合う、と。
 そんな典型的で、王道なストーリーです
 王道であるが故に、素直な楽しみ方ができる作品です。ひねくれた人間である私ではありますが、成長する少年とその恋模様には素直に応援せざるを得ません。

 また、映画的にも綺麗にまとめられているのです。

インビジブル・スクワッド
 ヒロインの女の子が可愛い。基本的に主人公の少年にはマイナス印象を持っているのですが(まあ盗撮されたし覗きもされたんでね)、透明人間を素直に受け入れたり、ヒロインとしてストレートに可愛らしいと思える人でした
 でもそれ以上に、いじめっ子たちがどこか憎めないのが良かったです。後に救出対象&協力する味方になる辺りが、何ていうんでしょうね、スネ夫ジャイアンを彷彿とさせられました。なんだよこいつらいいやつじゃん、っていう心地よさが、少年の成長の要素となりながらも、物語の「敵」をしっかりと一つに絞っている。敵は敵で、しっかりと容赦なく、こちらの同情を挟む余地を与えない。
 この明確な線引と、物語の主軸を少年の成長物語に置いたことで、実に楽しみやすい映画になっておりました。

 「スクワッド」などと露骨な便乗を見せておりますが、実際はそれ以上の、一つの映画として立派な作品であると思います。実際、続編への引きを見せておりますのでね。
 願わくば、こういう良作はきちんとしたタイトルを付けてほしいのですがね……。

インビジブル・スクワッド
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。