スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネバーエンディング・ストーリー

ネバーエンディング・ストーリー

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ネバーエンディング・ストーリー」

【ストーリー】
主人公、バスチアンはいじめられっ子で、母を亡くしてからは父親と2人だけの寂しい生活を送っていた。そんなある日、いじめっ子から逃げるために飛び込んだコレアンダー書店で彼は不思議な本「ネバーエンディング・ストーリー」と出会う。本を読むと物語の主人公になれる、本の世界に籠にも乗れる、だから本が好きだと力説する彼に書店の主は「だが、それらの本は読み終われば現実に戻される。この本は危険だ。」と止めるが、どうしても読んでみたいバスチアンはこっそりとその本を盗んでしまった。


評価:
A

 そう~これはね~ おとぎばーなしー(いっつらいかふぁーんたじー)


 大好きだった映画。久しぶりに見返してみました。
 原作者のミヒャエル・エンデがご立腹だったことで有名な映画でもありますが、単純に映画だけで見たら面白いのですよね。
 アトレイユが沼に引き釣りこまれるシーン然り、グモルクとの対話シーン然り、ファンタジー然とした世界観は子供心にワクワクしたものです。

ネバーエンディング・ストーリー

 今にしてみれば、そんなに重厚な話ではないし、結構タイトにまとめられている話であります。それもそのはず、一つの物語の前半だけで終わっていたのですから。原作無視という観点で言えば、昨今の漫画原作ものなど比較にならないほどの原作無視でしょう。何せ、原作者が「それはダメだ」って言っていることを平気でやっているのですから。
 ただ、映画としてはこれが正解である気がします。原作のままにこれをやろうとした場合、詰め込みすぎでとっちらかった印象になるか、かなりの長尺になるかのどちらかでしょう。そして当時の映画製作上の常識として、やはり3時間ものとか2部構成前提とかはできなかったと思うので、2時間程度にギュウギュウに詰め込んだ挙句、薄い作品になってしまったのではないかなと。
 なので、映画はこれが正解だったと思います。少なくとも、一つのストーリーの前半部としてみれば、原作改変という観点から見ても、そこまで無碍なものではないと思うのです(勿論実際はそうでないので、エンデはご立腹だったわけですが)。
 思い出補正も大きいですが、今見ても決して退屈ではない、ファンタジー感覚に溢れた良い作品です。こういう世界観は、恐らくこれからも風化することのない、恒久的なものだと思うのです。

ネバーエンディング・ストーリー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。