スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラvsビオランテ

ゴジラvsビオランテ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ゴジラvsビオランテ」

【ストーリー】
 1984年、ゴジラが新宿を襲撃した際、その被災現場からゴジラ細胞(G細胞)を密かに盗み出した者がいた。中東サラジア国のエージェントである。その国では遺伝子工学の権威・白神博士がG細胞の研究を行っていたのだ。だが“バイオ・メジャー”と名乗る集団に研究所は破壊され、博士は一人娘の英理加を失ってしまう。一方、ゴジラ襲来から5年後の現在、幼い子供たちがゴジラ復活を予言するような夢を見続けている事が判明する。


評価:
A-

 ゴジラ映画は世に多々ありますが、おそらく自分が初めて映画館で見たゴジラはこれでしょう。
 当時でも一応ビデオ(VHS!)で昭和シリーズは見ていた記憶がありますが、映画館でやっている新作はこれが初の記憶になります。なので、当時として他との比較対象がなかったので、なんとなく「ビオランテが格好良かった」という印象から「映画も面白かった」という記憶がそれなりに強く残っていたので、それが事実かどうかを確認するためにも、見直してみました。

 結論から言えば、色々と思い出補正がかかっていた部分は大きかったですが、それでも十分楽しめる程度には面白かったです。
 まず第一に、やはりビオランテのデザインが素晴らしい
 花獣形態はそうでもないのですが、植獣形態のデザインが非情に攻めていてよいです。「植物」という、動きのない生命体に動きを与えるという、一見矛盾した命題に対して、とりあえず花獣形態では触手を動かすということはやってのけたわけですが、この植獣形態では、「そもそも動く」という、それこそ掟破りのことをしてのけたわけです。じゃあそれでビオランテから植物感が消えたかというとそんなことはなく、植物を思わせる構成をしているのです。その上で、「ゴジラと対になるように」と意識された顔のデザインはゴジラに類似しながらも、ゴジラよりもより醜悪で、そもそも牙が整然と並ばないで、口の中いっぱいに埋められている牙の乱雑さとか、動物の常識が通じない生き物として、デザインされているのがよい。その上でゴジラよりバカでかくて、ゴジラよりも強そう、という印象を樹分に植え付けています。
 まあ、残念ながらそれは印象だけだったんですけどね。映画になってしまうと、思ったよりもビオランテは活躍しません。終始ゴジラに押されっぱなしで、結果良くわからないまま昇天してしまいますから。そもそも、植獣形態がでてくるのも、今見たら唐突感ありますからね。昔は素直に喜べていた記憶があるんだけど。

ゴジラvsビオランテ

 お話の方は、「生物兵器と化したゴジラ細胞を巡る人間たちの陰謀」を軸に、ゴジラの活躍と自衛隊の活躍を絡めていった感じになります。今でこそ、ある程度怪獣映画やアクション映画のフォーマットとしてはメジャーな手法ではありますが、この大昔、それも平成になってゴジラのvsシリーズをやるその初回でこれを盛り込むというのは、結構な冒険だったのではないでしょうか。その前までが昭和シリーズの、ややもすると牧歌的な対決であったことを考えると、大胆に攻めていったように思われます。まあ、外国の俳優さんの演技力に多少ならず難があったのは、揺るぎのない事実ですが。でもまあそれは日本の俳優さんもみんな同じだから、いいよね。
 あとは脈略もなくデーモン閣下が出てきたりとかもしたわけですが、これも当時の(そして今も遠慮なく挟まれる)邦画特有の病気というか、有り体に言うと「本人だけが面白いと思って言ってるギャグ」みたいなものだから、気にせずにスルーでいいでしょう

 総評としては、思い出補正は強かったけれども、映画として十分攻めに出ていた映画であったと思います。今新作としてこれを出されたらそこまでは楽しめないかもしれませんが、それでも、ビオランテの秀逸なデザインだけでカバーできる程度には、よい、というか、意欲ある作品である気がします。

 願わくば、ビオランテを何処かのゴジラ映画にサイド出してほしいなぁ(それがスペースゴジラだったのかも知れませぬが)

ゴジラvsビオランテ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。