スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッドゲーム

ブラッドゲーム

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ブラッドゲーム」

【ストーリー】
東欧のある国で平和に暮らしていたイローナは、ある日突然現れた謎の武装集団に誘拐され、森の奥の“猟場”に連行された。そこには多数のハンターたちがおり、彼女はサバイバルを余儀なくされる。そして、なんとその模様はいたる所に仕掛けられたカメラで撮影され、世界の富裕層に配信されていた。彼女は、莫大な金が動く前代未聞の殺人ショーに巻き込まれていたのだ…。


評価:
D

 主人公の女の子のガーターベルト的な衣装が素敵だと思いました。







 いや、正直これで終わらせたっていいんですよ!
 それ以外に見るべきところは、正直ないんですよ
 こうね、結構な勢いで「マンハント」ものっていうんですかね、人間を狩るような悪い人たちがいて、主人公がそれから逃げてて、最終的にはその悪い人に一泡吹かせる、っていう。結構このフォーマットの映画はいくつかありますけど、正直面白かったものは一つもないんですよね

 いや、この映画も途中までは頑張ってましたよ。むしろスタートの、戦車が走っていくシーンでは、重厚感のあるクラシックをBGMとしたそのチョイスも含めて、「おや?」と思う程度には、期待感のある導入でした。

ブラッドゲーム
期待を持たせるオープニング

 まあ、それだけでした。
 後は滑り落ちるかのように、どうでもいいシーンのオンパレード。登場人物たちは、主人公サイド(ヒロインとその兄しかいないけど)も、敵側も含めて、何一つ感情移入できるような人はいないわけです。なので物語の進行に全く興味が持てない。誰がどうなろうが、どうでもいいわけですよ。一時、ヒロインと一人の男が行動をともにするわけですが、何故この男がヒロインを助けたのか、っていうのも、特に興味もないわけですよ
 敵方もひどい。ダニー・クローヴァーはテレビの中で喋ってるだけだし、悪いお姉さんは主人公のお兄さんに逆レイプかましたら結果逃げられるし、悪いお兄さんは謎のやり取りの末にせっかく拘束した主人公を逃がすし。

ブラッドゲーム
多分実拘束時間2時間。

 そしてまた、導入部になっていた重々しいクラシックが、引き続き重々しい雰囲気を全編に持ち込んでいるわけですが、上述の通り興味を持てない上に、軽々しくかったるい展開にそんな重厚感を醸し出された所で、こっちは困ってしまうわけです

 物語の唯一の訴求力が「ヒロインが美人」「服装がエロい」ってところしかない、まあ駄作としても特筆すべき所のない作品であります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。