スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギー

マギー

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「マギー」

【ストーリー】
未知のウイルスが世界中にまん延し、人々が次々とゾンビ化していく中、アメリカの田舎町で暮らす16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も感染してしまう。彼女の父ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、隔離病棟に入っていた娘を捜し出して連れ戻す。家には、マギーにとっては義理の母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と、彼女とウェイドの間に生まれた2人の子供がいたが……。


評価:
C+

 アーノルド・シュワルツネッガー主演のゾンビ映画でございます。
 ……と聞くと、そらもうシュワルツネッガーが、ゾンビをちぎっては投げちぎっては投げ、八面六臂の大活躍をすると思うじゃないですか。思うじゃないですか。そんなことはまったくないのですよね!
 まあ、それはいいんですよ。シュワルツネッガーもアクション一辺倒の役者ではなく、色んな演技ができる役者さんですから、こういう静かな映画もありだと思いますよ。実際、苦悩する父親像をしっかりと演じていらっしゃいました。
 ただまあ、この静かなゾンビ映画が、どの程度ニーズを拾えているのかな、と。

 これは私だけかも知れないし、まあ多分そうじゃないとは思うんですけど、ゾンビ映画を見る人って「ゾンビと逃げたり戦ったりするところを見たい」っていうのが基本線だと思うのですよ。言ってもゾンビってホラー映画のクリーチャーであり、打倒するべきモンスターじゃないですか。当然、ゾンビ映画っていうジャンルが定着するに連れて、王道に対して絡め手っていうものが出てきても悪くはないと思うのですが、やっぱり基本線は「ゾンビ⇒倒す⇒完!」ってところだと思うのですよね。
 だから、「娘がゾンビになる、かも」っていう悲劇を描くにしても、「ゾンビとの戦い」はしっかりと描くべきだと思うのですよね。
 今回の映画にはそれがなくて、単に「娘がゾンビ化する苦悩に苛まされる父親」しか描かれなかったので、「ゾンビ」である意味がないかなーと。もう少し、人を襲う存在にならざるを得ない=ゾンビらしい描写をしっかり書いていただければ、苦悩もしっかり伝えられたのではないかなと思うのですよね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。