スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスvsモンスター・スクワッド

アリスvsモンスター・スクワッド

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「アリスvsモンスター・スクワッド」

【ストーリー】
人間の知らないところで、光と闇の戦いは始まっていた。スティルツキンが“魔法の鏡”を壊したせいで、ワンダーランドの魔物たちが現代のロサンゼルスに飛び出してきたのだ。冥界からやって来た“死神”は、現世の支配を狙って暗躍。《毒をもって毒を倒す》ため、アリスはおとぎ話の悪党たちを集めたチームを結成し、死神の軍団を倒そうとする。だが、一筋縄ではいかない悪党どもをまとめるのは容易ではない。そして遂に、死神軍団の攻撃が始まるが……。


みんしーやん的評価:
D

 やあ、正直ちゃんと見てませんでしたわ。途中で寝ちゃったからね。

 ただまあ、そのくらいの作品であるということですよ。
 放題のみならず、原題、及びそもそものコンセプトからして、「アリス・イン・ワンダーランド」「スーサイド・スクワッド」意識しまくった、というか、便乗しまくったのは明々白々。さらに言うなれば、「イン・トゥ・ザ・ウッズ」「アベンジャーズ」に便乗しまくった「グリムアベンジャーズ」の結構明確な続編でもあり、製作者の意図としては、「あの大人気グリムアベンジャーズの続編!」という体でリリースしたのでしょう。
 いやいや、そもそもグリムアベンジャーズ微妙だったから。人気ないから。
 そんなこんなで、版権も説明も必要ない童話の人物を主役に据えた、アサイラム・シネマティック・ユニバース的な世界観に勝手に位置づけられるであろう本作です。

 いやね、つまんないのびっくりするくらいつまんないの
 スーサイド・スクワッドを意識しまくったのはいいですよ。何一つ還元されてないですからね
 童話の悪者を出しました⇒ちょっとスーサイド・スクワッドに似せました⇒満足
 これで終わりだから。
 似せるにしても、もっとやりかたあるんじゃないの、ってくらいひどいですからね。
 ハーレイ・クイン風の人が「3匹のくま」のゴルディロックスってことですけど、金髪以外に共通点あるのですかね。

アリスvsモンスター・スクワッド

 ルンペルシュティルツヒェンがジョーカー風なのもどうなのって感じだし。
一番ひどいのは、エンチャントレスを人食い魔女に当てられてるんだけど、人食い魔女が全く可愛げがなくて困った。

アリスvsモンスター・スクワッド

ちなみにこちらがエンチャントレス。可愛い!

スーサイド・スクワッド

 まあ、結論から言えば、見なくていいです。見る必要ないです。アサイラム・シネマティック・ユニバースの顛末を、人生の何よりも気にしている人だったら見てもいいと思いますが、そうじゃない人は、スーサイド・スクワッドの予告編を見たほうがマシです。できればそのまま本編も見ていただきたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。