スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルヒート

バトルヒート

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バトルヒート」

【ストーリー】
バンコクの刑事トニーは、人身売買を手がける国際的犯罪組織のボス・ドラゴヴィッチの摘発に奔走していた。
一方、アメリカ・ニュージャージーでは、タイ警察からの情報をもとに、入国してきたドラゴヴィッチへの強制捜査が行われ、刑事ニックらの活躍でドラゴヴィッチは逮捕された。
しかし、ニックは逆に恨みを買い、ドラゴヴィッチの息子たちに家族を殺されてしまう。復讐の鬼と化したニックは逃亡したドラゴヴィッチを追って、タイへと向かう。
そんなニックをトニーが待ち受け、2人はドラゴヴィッチという共通の敵を協力して追う。


みんしーやん的評価:
A-

 そもそもからして、なぜこの邦題なのでしょうかと思うところはあるのですよ。
 バトルヒート。ですよ。バトルがヒートするわけですよ。
 いやまあ、イメージは伝わりますけれども、本質を何も表現はしていないですよね。原題の「Skin Trade(人身売買)」の方がよっぽど内容を的確に表現している気もするけど。
 そもそも、この映画を一体どの層が見るのか、って話ですよ。
 世の善男善女。例えば「昨日二年ぶりぐいらいに映画を見ました。流行ってると聞いたので『君の名は。』を見てきました」って言うような人が、この映画を見るか、って話ですよ。見ないですよ、って話ですよ。
 どんなタイトルであろうが、普通の人は手に取りません。手にとるのはドルフ・ラングレントニー・ジャーそれなりに大好きな人達だけです。

バトルヒート

 というわけで、ドルフ・ラングレン、トニー・ジャー出演のアクション映画ですよ!
 何も考えずに楽しめて良かったです。ドルフ・ラングレンの、多少もっさりとしたアクションも、トニー・ジャーの動きまくるアクションと上手く絡まって、「力の1号、技の2号」的な感じで、「どっちも素晴らしい」という意見に落ち着くほどに、双方魅力的に描かれておりました。
 ストーリー周りには多少グズグズがあったものの、基本的には分かりやすく進行していきます。
 悪役がよいですよね。マイケル・ジェイ・ホワイトに、ロン・パールマンに、ケイリー=ヒロユキ・タガワですから。ギャンボルに、ハンニバル・チャウに、三島平八ですから。
 キャスト陣は、主役二人と合わせて非常に豪華です。いやまあ、世の人が言う豪華に一致してるかは知りませんよ?

バトルヒート

 そんなわけで、脳のスイッチを切断して見る分には、まったくもって楽しい映画でした。
 終わりも、続編に続きそうで、多分続編がでない空気を醸し出してましたしね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。