スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルフ・ラングレン「処刑鮫」

ドルフ・ラングレン「処刑鮫」

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ドルフ・ラングレン「処刑鮫」」

【ストーリー】
湖畔の町で警官として働くメレディスは、過去に自身が逮捕した犯罪者クリントの娘カーリーを引き取り、本当の親子のように幸せな毎日を過ごしていた。一方クリントは数年の刑務所生活の末、ついに仮出所の日を迎えており、早速彼は娘のもとへと向かう。ちょうどその頃、町の湖では遊泳者が鮫に襲われる事故が続発していた。湖にいるはずのない鮫が現れたという報せを受けたメレディスはこれを調査していくが、その途中で彼女はクリントと再会する。


みんしーやん的評価:
C

 「ドルフ・ラングレン 処刑鮫」などという露骨なタイトルが付けられている本作であります。
 数多あるサメ映画。今日日普通のサメ映画など、まったくもって売れる気配がありません。たとえ「淡水に生息する鮫」などというものが出たとしてもです。そんな飽和状態のサメ映画界でどうやって生き残っていくか。
 いやまあ、サメ映画をやめろ、っていうのが正しい選択であるような気はしますが、そこは「サメ映画は辞めない」って前提で進めます。
 そこでどうするか。このスタッフたちは、「そうだ、ドルフ・ラングレンを出そう!」という結論に至りました。
 なんでだ!
 そんなわけで、ドルフ・ラングレンが出るサメ映画です。一応、鮫が淡水の湖に出現するとか、希少動物の取引がとか、色々盛り込んでいる要素はありますが、正直それはささやかな問題です。このタイトルを手に取り、この映画を借りようと思う人のほぼ100%は、「ドルフ・ラングレン」にしか興味がいっていないはずですからね。
 一応映画としては、親子の絆とかを盛り込んでいて、ちょっとは高尚な感じに仕立て上げようとしている意図は見えます。ほっこりするストーリーではありますからね。ただまあ、サメ映画で、ドルフ・ラングレンが出てきて、それを求める観客がどの程度いるだろうか、と。多分みんながみたいであろう、「鮫とドルフ・ラングレンの格闘」はものすごくあっさり気味に描かれていました。肝心の見たいところが見れなかった印象ですね。
 あとは、ヒロインに感情移入が出来なくて困った(またそれか)。

ドルフ・ラングレン「処刑鮫」

 見たいただければ分かる通り、どう見てもドルフ・ラングレンいいやつじゃないですか。ちょっとは話し聞いてやれよ、って感じですよね。娘が自分の意思で父親のもとに戻ったのに、誘拐だなんだと大騒ぎしたり。あれって、観客はドルフ・ラングレンが善人だって知ってるし、そうじゃなかったとしても、誘拐って決めつける前に色々調べることがあんだろ、って思ってしまうわけですよ。
 そもそもからして鮫が弱すぎて、鮫との格闘周りでは一切盛り上がりませんでしたからね。

ドルフ・ラングレン「処刑鮫」

 水上からのショットガンでやられる始末。

 そんなこんなで、ドルフ・ラングレン以外には何も魅力がない映画でしたとさ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。