スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートマタ

オートマタ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「オートマタ」

【ストーリー】
太陽風の増加が原因で砂漠化が進み、人類存亡が迫りつつある2044年。人間に代わる労働力としてオートマタと呼ばれる人工知能搭載ロボットが人々の生活に浸透していた。さらに、生命体に危害を加えない、自身で修理・改善しないというルールが製造時に組み込まれており、人間との共存に支障が出ないシステムが確立されていた。そんな中、オートマタ管理者ジャック(アントニオ・バンデラス)は彼らが自発的に修理を行っていたのを知って驚く。その首謀者と目的を探る彼だが、思わぬ事実に突き当たる。


みんしーやん的評価:
B-

 感想を溜め込むのは良くないですね! あっさりめに書いていきたいと思いますよ。
 大したものでもないし!

 みんな大好きアントニオ・バンデラス主演のSF映画ですよ。
 描写自体はそれほどダメなわけではないのですよ。バンデラスも存在感がありますし、ロボットの非人間感もよかったです。ストーリーも、そこまで奇抜なものではないけれども、滅び行く人類と残りゆくロボットという堆肥を軸にして、それなりに見どころのあるものになっていたと思います。

オートマタ


 ただまあ、全体的に漂う「B級感」はどうしたものか
 それなりに絵になる素材はしっかり使っているはずなのに、いまいち噛み合っていない。ストーリーの基本線はいいのですが、展開が非常にダラダラしている。特にバンデラスが砂漠に放り出されてロボットと行動をともにする以降の下りが、冗長な上に、事件の真相である「人工知能の始祖が生き残っていて他のロボットを改造をしている」をいう事実が、バンデラスの関わらない所で明らかになっているのですよね。バンデラスも勿論真相に触れるのですが、それはその始祖のロボットに招待されたから知ったわけであって、彼が突き止めたものではないのですよね。
 あとは、元々はアクション映画ではありませんが、盛り上がるシーンが薄めなのも非常に残念。全体的に淡々と話しが進んでしまいます。メリハリがないからどうにも細かい話が頭に入ってこない。
 総じて、残念なところが目立つ作品であります。素材は悪くないし、バンデラス自体は非常に頑張ってるし説得力もあるので、もっと頑張っていただけたらな、と思いましたとさ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。