スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイト/KITE

カイト/KITE

 BDを見て参りました。
 見た映画は「カイト/KITE」

【ストーリー】
 少女たちを性の奴隷として取引することが横行する近未来、幼少時代に両親を殺されたサワ(インディア・アイズリー)は、父の親友だった刑事アカイ(サミュエル・L・ジャクソン)に殺し屋としてノウハウをたたき込まれる。娼婦(しょうふ)に成り済まし、両親の敵である人身売買組織にリベンジを果たすべく男たちを暗殺していくサワと、犯行現場の証拠を隠滅するアカイ。心身共に傷つきながらも、彼女は標的である組織のボスに近づいていくが……。





みんしーやん的評価:
C  旧点数60点

 ※ちなみに原作は未見です。

 いまいち!

 いやね、女の子がヒラヒラした服で悪党をなぎ倒すアクションなんだから、普通に考えたら面白いはずじゃないですが。
 ところがね、いまいちテンションが低いんですよ。
 話全体のテンションというか、こう、わわわっと盛り上がるところがないんですよね。アクションも平坦だし、ゴアシーンも平坦だし、最後の種明かしの部分も平坦だしと。全体的に一定のテンションを維持したまま話は進んでいきます。
 確かに女の子は可愛かったですけれども、「どうなるんだろう」というハラハラもないし、悪党を倒した爽快感もない。なんていうかこう、アクションから話し運びから全てが、事務的に進んでいる感を感じるのですよね。
 まあ、見た側のテンションの問題だ、といわれればそれまでですけれども。
 決してとんでもない駄作だとは言いませんが、上等なアクションだと思うとがっかりするし、いたいけな女の子が強敵をなぎ倒すシチュエーションに期待しても、あまりぱっとしないと思われます。後者に期待するなら片腕マシンガールを見たほうがよっぽど満足できます。

 ちーなーみーにー。

 「超映画とかいう、生理的な自己防衛本能が働いて私の脳では正常に再生できない文言がタイトルであるサイトでは、20点とかいう点数がついていましたな。
 ただ基本的に「原作と比べてどうか」という論点からの点数でございました。
 もうね、あの銃があればこの映画批評」とかいうサイトの関係者全員の脳に小型地雷を撃ち込んでいくんですけどね。
 ご存知の通り、この文章は「TPP問題に対する私的意見の暗喩」であって、その他の意図はございません。今高らかに真実を公表しましたので、それ以上の詮索をする人間はとっととアンプでも摂取して寝てればいいと思います。


 そして全く関係のないことですが。


 BDに「恋するブロンド・キャスター」なる映画の予告編が入っていたわけですが、そこの煽り文句で「全てのポジティブ女子へ」などと言われていたわけです。
 ……なんすか「ポジティブ女子」って。
 ポジティブを「よいこと」と解釈するのはあまりにも危険だと思うのですよ。
 身の回りを見てください。ポジティブな人間でろくな奴がいますか?
 いません。
 本当にこの傾向は世の中から消え去っていいと思うんですよね。自分みたいなネガティブな人間は、それだけで色んなものを否定されていくわけですよ。
 ポジティブなのは亜美真美ポジティブパッションだけで十分だ!

 おしまし。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。