スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴジラvsデストロイア

ゴジラvsデストロイア

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ゴジラvsデストロイア」

【ストーリー】
ゴジラとその同族・リトルゴジラは南太平洋上のバース島※で静かに暮らしていた。ある日、バース島の地下にある高純度の天然ウランが自然核爆発を起こし、それと同時にゴジラとリトルも姿を消した。
1ケ月後。香港に出現したゴジラは体全体が赤く光っており、口から吐く放射熱線の色もいつもの青みがかった色ではなく、赤い色をしていた。
ゴジラはバース島の爆発の影響で体内の核エネルギー制御が不安定になっており、いつメルトダウンを起こしてもおかしくない状態になっていたのである。
一方、とある工事現場で不可解な事件が相次いでいた。そこはかつて、芹沢博士という科学者がオキシジェン・デストロイヤーという兵器を使用し、命を賭してゴジラを葬った場所であった。


みんしーやん的評価:
B

 映画には様々なジャンルがあるわけですが、その全てを、同じメソッドで評価しては行けないと思うのですよ。
 例えば、ゾンビ映画ミステリーは全く違う映画だし、それぞれの映画に求めるものも違ってくる。ミステリーなら重要なのは、シナリオがしっかり練りこまれているか否か、不要な突っ込みをいだかせることなく且つシナリオが観客を騙してくれるか否か。逆に、ゾンビ映画ならそんな細かい整合性はどうでもよくて、突っ込みどころが多彩だとしても、ゾンビ描写とそのゾンビに食われたり倒したりする個々のシークエンスで十分盛り上がれるのなら、それは全く問題がないわけです。
 何故なら、ミステリー映画で見たいのは「犯人探しとそこに至るまでの練りこまれた脚本」であり、ゾンビ映画に求めるのは「ゾンビとそれに食われたり倒したりするところ」なわけです。
 なので、ゾンビ映画に対して「脚本がー」って理由で評価をしないのは、正しい評価ではないと思うのですよね。
 「怪獣映画」なるジャンルも、評価としてはかなり特殊な部類に至るのではないでしょうか。

 怪獣映画に期待するものは、シナリオの重厚さなどではなく、まあ勿論それもあるに越したことはないのですが、それよりも重要なのは、「どれだけ怪獣に魅力を持てるか」「その魅力を魅せるような描き方をしているか」という点に絞られるのではないでしょう。
 その点でいえば、ハリウッド版のゴジラ(ギャレゴジ)は、自分の中ではかなり評価が高い。脚本は確かに緩いところがありますし、ドラマ部分にはそれほど魅力を感じませんが、怪獣描写は大変魅力的です。ハワイでゴジラが出てくるところ、MUTOのつがいがイチャコラしているところ、ゴジラが放射熱線を吐く煙の中のシーン、放射熱線をメスMUTOにダイレクト噴射するところ。これだけでもう、十分ウキウキできます。

 さてさて、ではこの「ゴジラVSデストロイア」はどうでしょうか。

 ゴジラの造形は大変良いと思います。赤いゴジラってのがインパクト大きいし、それがゴジラの生態である、放射能に由来するところも、怪獣の造形としてはポイントが高いでしょう。
 逆に、デストロイアの方はその魅力に欠けるような気がします。「オキシジェン・デストロイヤー」という歴史的な遺物に、更に現在進行形の意義を与えたという点は評価できますし、そこから生まれた怪獣、というのも怪獣の構造としてはありです。ただ、それが何故、あの形態になるのか、そしてあの超進化に繋がるのかが、いまいち説明不足、仮に説明をされていても、いまいち腑に落ちないと言わざるをえないでしょうか。
 少なくとも、真っ赤なゴジラほどしっくりは来ていません。
 全体的なフォルムも、妙に動きが固そうで、あんまり格好がよく見えないのですよね。キングギドラやビオランテが怪獣として評価が高いのって、首とか触手とかがうねうね動くのが、非常に生物的で、怪獣という生命として格好が良いからだと思うのですよね。
 なんていうか、フォルムから連想するのがドラクエ系統のラスボスっていうか。なんかデフォルメされている感があるのですねよ。子供が喜びそうっていうか。いや、その事自体は悪いことではないんだけれども、怪獣としての魅力にあふれるかと言われると、そこは疑問に思わざるを得ない、というのが正直なところ。
 あとはライバル怪獣として、それほどゴジラに対して優位に立っていたイメージがないのもポイントが低いところか。


 シナリオとしての評価は……うん、まあ、ね。
 ちょいちょい役者陣の演技プランが、ちょっとばかしリアリティに足りないな、と思ったり、後はそもそも役者陣の選出が、当時の著名な役者ばかりで、演技的には選出されていないのだろうなと、思うところもありはしますが、まあそこは怪獣映画なのでね!

 というわけで、可も不可もなく! 赤いゴジラはかっこいい!
 こんなところで!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。