スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー!

スーパー!

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「スーパー!」

【ストーリー】
さえない中年男フランク(レイン・ウィルソン)。彼の妻(リヴ・タイラー)がセクシーなドラッグディーラー(ケヴィン・ベーコン)の後を追って家を出てしまう。愛する妻を取り戻すため、彼はお手製のコスチュームに身を包みスーパーヒーロー“クリムゾンボルト(赤い稲妻)”に変身。イカれた女の子ボルティー(エレン・ペイジ)を相棒に、危険地帯の犯罪に立ち向かうフランクだったが……。


みんしーやん的評価:
A+

 非常に良い作品であります。
 意地の悪いブラックコメディと、そこを一歩裏に行った時に見える答えの出ないテーマと、それはそれとしてテンポが良くて楽しく、そしてラストでは理解のできない感情によって泣くと。

 映画の中で行われるクリムゾンボルトの行為は、果たして全なのか悪なのか
 動機は何よりも善だが、実際にやっている行為はひどく暴力的で、それを見ている人間は、おそらくおおよその人間は違和感というか、「よくないこと」という認識をするでしょう。なればこそ「ブラックコメディ」が成立するのですが、じゃあそれは本当に「よくないこと」なのか。
 例えば、割り込みに入る人がいて、その割り込み人をレンチで殴ることは、よいことなのか否か。我々は「よくないこと」と認識する。多分激怒する人もいる。では、激怒する人に聞くけれども「それはどうしてよくないの?」
 多分返ってくる返答は「だってよくないじゃん」。答えを持っているわけではない。
 だからこちらから考えると、多分その良くないことの原因って、「順番抜かしという罪に対する罰として重すぎる」ということだと思うんですね。
 でもそれって、根本的な善悪論ではなくって、単純に、法律で定められている量刑の概念を引きずっているだけだと思うのですよ。
 もちろん社会を円滑に回していくためには、それはとても大切なこと。順番抜かしをした人間にレンチで頭を割ることを認めては、そこら中が血だらけになっておちおち歩けもしないでしょうよ。
 でも、それは法律の問題。当たり前の話だけど、法律と倫理は、まったく、完全に、欠片ほども関係のない話です。
 法律に定められていれば倫理的に保証されているわけでは、もちろんない。そして、法律で禁止されていないことは、倫理的に認められているわけでもない。
 つまり、我々がいだき、その人達が激怒した感情は、正義感でも倫理観でもなんでもなく、ただ単に、法律と正義を混同してるだけの話なんです。
 じゃあ、法律を忘れて、単純に正義だけを考えたとき、クリムゾンボルトの行為は、前か悪か。
 思うのですよ。それは、純粋な正義だと
 きっかけは色々あっても、その行いは、ただの正義でしかない。
 じゃあ、彼はその正義の先に、何を手に入れたのか。
 それこそ、映画の中で語られた「完璧な瞬間」を数多く手に入れたこと、なのでしょう。
 でも、それって幸せなことなのか。
 もし幸せなのであれば、彼はなぜ最後、たった一匹のウサギを抱いて泣いていたのか
 満たされた涙なのか。
 もしそうであれば、なぜ私はその場面を見て、号泣しているのか。
 良かったね、と、純粋に思うことのできない、多分悲しみと呼んでもいい、でも、そう言い切るには少し不安のある感情が、どうしてもそのシーンを見て、思い出して、溢れ出してくるのです。

 まあそれを抜きにしたって、普通の作品として普通に面白いことは間違いありません。
 ボルティーのはっちゃけっぷりだったり、麻薬密売人たちが基本的には極悪人ではなかったり、コメディとして面白いところもいっぱいありました。
 また何度か気が付けばこの映画は見るだろうし、そしてそのたびに、自分でもよく分からない衝動で号泣するんだろうな。
 グロとかに多少耐性があれば、そして、この手の意地悪さに興味があるのであれば、ぜひとも観ていただきたいと思います。

 それにしても、ケヴィン・ベーコンは基本的に外さない俳優だな!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。