スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記

 まあね、ちょっと言いたいことがあるので言わせていただきたいのですが。 


 最近もなんですけれども、邦画のスタッフの方が
「邦画のクオリティが低いのは予算が少ないからだ、お前らに何がわかるんだ」
 的な発言をされておりました。
 この手の発言は、ちょいちょい以前から出てくるわけです。
 要は、ハリウッドのビッグバジェット大作と比べて予算が少ないので、それに釣り合うような作品は作れない、ということなんでしょう。


 そりゃまあ、そうでしょうよ。


 別段、誰もハリウッドのビッグバジェットに釣り合うような作品を日本でも作れなんて言ってないし、作れるとも思ってない。
 そもそも、ハリウッドだって予算があるからいい映画が作れるわけではない。
 あれは、新興の国であったアメリカが映画を文化として根付かせようと、意識的に注力した結果、様々なノウハウと、映像技術を育て上げる土壌ができて、それを円滑に回して利益を上げるだけのシステムが、長年かけて構築されてきた結果なんだからね。
 逆に日本にはそれがないわけじゃない。
 確かに、邦画だって昔からあったわけだけれど、それは今ハリウッドで主流とされている「大作」映画ではなくて、もっと小規模だけれどもコンスタントに展開されていったもののはず。それこそ「釣りバカ」とか「男はつらいよ」とか「トラック野郎」とかね。それが悪いわけでもない、そういう映画文化を持っていたんだから、それは誇らしく思ってもいいと思うんだよ。
 それではお金にならない、だから大作映画を取らなければならない、っていうんであれば、それはどうぞ、ご勝手にお願いします。別段、「進撃の巨人」だって、批評的には失敗でも利益はでているんでしょ? それで満足なら、それでいいじゃない。利益を得るための装置として映画を見ているのなら、別にそれでも構わないのですよ。
 もちろん、「映画」としての評価はそれとは全く別ですけどね
 文句言われても利益がほしいならそれでいいし、映画として評価されたいのであれば、最悪興行的な成功を捨てることになってもクオリティの高いものを作る努力をしなくちゃ。

 そもそも、「予算が少ないからいいものが作れない」っていうのも、随分と抜けた話だと思うわけですよ。
 予算がどれだけあったって駄作は平気で生まれるものですよ。それはハリウッドだって同じ。ビッグバジェットと鳴り物入りで公開され、興行的に成功を収めたって、作品の評価が上がらないものはいくらでもある。
 直近だと、「ファンタスティック・フォー」なんかが酷評されたりしているわけです。いくらかは公開されてないと思うけど、あれだって随分な予算がかかっている。
 逆に言えば、低予算だって面白い映画はいくらでもあるわけです。まあ、面白いかどうかは個人によりますけど、「CUBE」なんかはガッツリ低予算だけど、自分はオールタイム・ベストの一つに上げてもいいくらいの作品ですよ。
 それはハリウッドだから、っていうのなら、じゃあ「片腕マシンガール」とか「東京残酷警察」はどうなんだって話ですよ。どちらも驚くほど低予算で、驚くほどちゃちい見た目だけど、しっかり面白い。確かに、根本的に客を選んでいるというのはそうなんですけれども、その範疇の中で可能な限りいいものを作ろうとして、実際評価を得る作品にはなっている。
 「それはアメリカ資本だからだ、自主規制を省くことができるからだ」とおっしゃるのなら「じゃあ自己資本だけで作ればいいだろ!」って返したくなるのですが、それを差っ引いたとしても、「平成ガメラ」なんて比較対象があるわけです。
 「平成ガメラ」は制作費が最終的に6億円になったという話です。「進撃の巨人」が、真偽はともかく合計で「36億」という話があるので、その1/6の制作費で作られているわけです。時代の差はあれど、そこまで大きく物価も変わっていないとは思います。少なくとも6倍になってるなんてことはないでしょう。
 その上で、片や、未だに日本の平成特撮映画では上位の評価を得ている作品、片や深刻な酷評を受けている作品。もちろん、「進撃の巨人」が後々再評価される可能性もありますけれども、少なくとも今は酷評を受けているわけですし、指摘された「ダメな箇所」を見るに、そこが好転することはないと思います。あっても「巨人のCGは評価できる」程度まで盛り返すくらいしか。



 ちょっと書くだけだったはずなのに長々書いてしまったのでもう締めますよ!
 結論から言えば
「予算の高低は作品の評価とイコールではない」
「低予算でもいいものはあるし、高予算でもよくないものはある」
「それは日本でもハリウッドでも同じ」

 ということですよね!
 結果的には至極当たり前のところに落ち着きました。
 ということは、その当たり前のことを邦画の制作スタッフが理解していない。というよりも、自分たちに指摘されたことを、根本的に理解していない
 我々はあなたに「ハリウッドと同じ感じで面白いものを作れ」と言っているのではない。
 「面白いものを作れ」と言っているのだ。
 そして、教師となる題材も、反面教師となる題材も、日本にもハリウッドにも、世界中に存在している。

 まあ、形として出てきた邦画のクオリティ以上に、こういうスタッフが関わっていることそのものが、邦画のダメさ加減の象徴のような気がしますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。