スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誘拐の掟

誘拐の掟

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「誘拐の掟」

【ストーリー】
ニューヨーク中が連続誘拐殺人事件におびえていた1999年、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)のところにある依頼が舞い込む。それは妻を誘拐された夫からの、犯人を見つけ出してほしいというものだった。マットはこれまでの刑事人生で身に付けた全てのスキルを総動員して誘拐犯の捜索に挑むが、相手もなかなか尻尾を出さず……。


みんしーやん的評価:
A

 みなさま、リーアム・ニーソンと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?
 古い人は「シンドラーのリスト」を思い浮かべたりするでしょうか。私は断然「ファントム・メナス」のクワイ=ガン・ジンですね。最近の人だと、ゴッサムシティーに幻覚薬をばらまこうとした忍者軍団の頭領だったり、あるいは娘を助けるために無双するお父さんだったりするのでしょうか。
 そんなリーアム・ニーソンさん主演の映画です。

 タイトルやあらすじの雰囲気から、「96時間」を想像してしまうのは仕方ないことなのかもしれませんが、そこまで無双はしておりませんでした。結構痛めつけられたり、証拠の押収に躍起になるあまり(明らかに素人に)背後を取られたりとか、ちょいちょい抜けているところはあります。
 それでも、オープニングでやってきた強盗に対して恐るべき対応力を見せたり(その結果彼を苛む大事故が起きるわけですが)、誘拐犯相手に電話越しで強気に脅しつけたり、アクション映画として、アクション映画のヒーローとしてかっこいい場面はいくつもありました。
 あとはTJと少しずつ仲良くなっていくあたりもよかったですね。はじめは巻き込まないためか突き放すような態度だったのに、少しずつ心を通わせていき、TJも最後にファインプレーを見せたし。
 全体的に不要なキャラがおらず、全員がそれなりに意義と意味を持って物語内に存在していたのは、最近ではちょっと珍しいかもしれませんね。まあその分死人も多いんですけど。

 ど派手にどんちゃかする映画ではないので、そういうのを求めると肩透かしを食らうかもしれませんが、そのあとでしっかり寝技を決められるくらいにはよくできた映画なので、きっと楽しめると思いますよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。