スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シグナル

シグナル

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「シグナル」

【ストーリー】
マサチューセッツ工科大学で学ぶニック(ブレントン・スウェイツ)とジョナス(ボー・ナップ)は、校内のパソコンをハッキングするノーマッドを名乗るハッカーの正体と居場所を探ることに。彼らはニックの恋人ヘイリー(オリヴィア・クック)も連れ、ノーマッドがいると思われるネバダへ向かう。GPSを駆使して正確な居場所を割り出すが、そこで何者かにさらわれてしまう。目覚めたニックは、自分が何かに感染したために政府の研究施設に隔離されことを施設研究員の男(ローレンス・フィッシュバーン)に教えてもらうが……。




みんしーやん的評価:
C

 よくわかりませんなー
 ある時を境に訪れた変化と、それに対する恐怖、そしてそれを能力として覚醒させるまでの流れ……ってのは、なんとなく分かります。ただ、描き方が抽象的且つ止め画で映えるような見せ方で撮ってるから、全体として何が起きているのかがいまいちわかりづらい。後半多用されるスローモーションも気になりますし、あとは、防護服を着た職員の無能っぷりがご都合主義過ぎて、非常にノイズになりました。
 能力覚醒パートはまあそれなりに盛り上がりはしますが、場面が少ないのと、見せ方がよくないのであまり気持ちよくはないです。

 って、これ「地球、最後の男」の監督だったのですね。あの映画も大概でしたが。「2001年宇宙の旅」の最後のシークエンスだけやりたかったんでしょうけど、表現方法が過度に難解であったが故に何を訴えたいのかがわからなかった。
 それを考えると、そっちよりは多少、わかりやすかったです。落ちも、どういうことになっているのか、わかりやすく説明されてましたしね。
 ただ、「だからどうした」ってなってしまうのが問題でしょう。
 結局お話を通して何を訴えたいのかがさっぱり見えてこないのが。どうにもこうにも。
「実は宇宙人の実験場でした」ってどんでん返しはまあいいとして、それを聞かされても気持ちよく騙された感じもしないし。
 こう、雰囲気をうまく演出しているんでしょうけれども、肝心の中身が見えないからそれほど感動も喚起されない感じですかね。
 全体的に盛り上がりに欠ける作品でした

 あと、ローレンス・フィッシュバーンはよかったです。この人も仕事選ばないなー。
 サミュエル・L・ジャクソンとローレンス・フィッシュバーンは、「名前も顔もよく知ってるしよく見るけど、面白い映画に出ている割合が五分くらい」な俳優の代表格ですな。ちなみにケヴィン・ベーコンはヒット率が高いです。ちなみに、ヒット率が低いのはダニー・トレホです。映画製作者の皆様は、もっと俳優さんの使い道を考えていただければと……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。