スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャークネード エクストリーム・ミッション

シャークネード エクストリーム・ミッション

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「シャークネード エクストリーム・ミッション」

【ストーリー】
三たび現れたシャークネードが、首都ワシントンに襲い掛かる。ホワイトハウスは崩落し、ワシントンは壊滅。その猛威はさらに勢いを増し、大西洋沿岸を包囲する。一方、フィンの妻エイプリルたちが訪れていたユニバーサル・スタジオ・フロリダにも大量のサメが押し寄せ、園内は地獄絵図と化していた。なんとかエイプリルの元に駆け付けたフィンだったが、かつてない最大級のシャークネードに呆然とする…。





みんしーやん的評価:
C

 一応シリーズはすべて観ております。いったい何をやってるんすかねわたくしは
 アルバトロスの方たちは「日本とアメリカで大ヒット」と、「若い女性に大ヒット中!」みたいな文言で宣伝しております、サメ映画界のブラックサンダーことシャークネードでございます。本作はその三作目になります。話題になったとは言え、あのアルバトロスさんが言ってることですから話半分に聞かなければなりません。っていうか、最近アルバトロスさんは予告で「あのアサイラム製作!」みたいに、アサイラムを一種のネームバリューと使っていますが、正直どうかと思います

 でまあ、三作目ですよ。ロスアンゼルス⇒ニューヨークときて、世界レベルの災害ですよ。「若い女性に大ヒット中」が事実なら、話の規模も予算も格段している感が目に見えております。
 ただまあなんていうんでしょうな、話はシリーズで最も大きいことをやってるのに、シリーズで最も退屈な作品になっております。
 たしかに、1作目の「サメを大量に巻き上げた巨大台風」というのがそもそも盛大な出鱈目なわけですが、少なくともそれは現実の価値観が通用する範囲での出鱈目だと思うわけですよ。
 例えば、サメがあれだけの高所から地面に落下しても平気で生きているとか、「おいおいそんなことあるかっ!」っつ突っ込みどころがあるわけです。
 ただ、あの積極的な捕食に関しては、アメリカ人は本気でサメって空中でも人を食いに来ると思ってると思うんですよね……。あらゆる種類のサメは人間を見かけたらいの一番に襲い掛かってくるくらいの、なんでしょう、一種の神話みたいなものを感じる。
 まあまあそれはいいとして。
 その現実に即した荒唐無稽さが1作目の魅力だったと思うんですよ。他のサメ映画、頭が三つあるとかに比べたら、よっぽど現実的でしょ?
 でも今回に関しては、今まで築き上げた荒唐無稽さの上に荒唐無稽を上塗りしたので、正直もうどうでもよくなってしまっている
「あんなに高いところから落ちてもサメは平気です!」「いやいやそんな馬鹿な!」
「サメの中に入ったら大気圏も突破できました!」「いやまあ、宇宙に行くサメなんだから、それくらいできるんじゃないですか?」
 ばかばかしいSF兵器も目白押しなのも冷めますな。結局「現実の延長線上のフィクション」ではなくて、「全く知らないところからやってきたフィクション」なのが冷める要因だと思います。

 んでまあ、この感覚何かに似てるなと思ったら、そうだ「マチェーテ・キルズ」だ! と思い至りましたとさ。あれも宇宙に行くし、途中からの話の訴求力のなさもそっくりだ!
 マチェーテは個人的に名作と言い切れる作品なのに、マチェーテ・キルズはその良さを全く活かされてないガッカリ作品ですよ。超強いじいさんが大暴れするところがマチェーテの良さだったはずなのに、あの意味不明のSFグッズは全くダニー・トレホに似合わない。まあ、ダニー・トレホは開発する側でしたけどね!(スパイキッズ観てないけど)

 まあそんなわけで。
 正直シリーズは1だけ見れば事足ります。ばかばかしさを笑うのがこの手の映画の醍醐味ですし、それだったら1だけで充分です。
 でも私は全部観ました。何やってるんだろうね僕は
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。