スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッド・シティ2055

デッド・シティ2055

 不思議な方法で映画を見て参りました。
 見た映画は「デッド・シティ2055」

【ストーリー】
近未来。巨大企業を率いるジュリアン(ブルース・ウィリス)は、ヴァイスという富裕層に向けたリゾート施設を建造する。そこには人間に酷似した精巧な女性型アンドロイドが居住者として置かれ、顧客は彼女たちを殺したり、襲ったりすることができるという、モラルに反するような場所であった。そんな中、アンドロイド居住者ケリー(アンバー・チルダーズ)のメモリーが自動消去されず、顧客たちにされたおぞましい行為の記憶がフラッシュバックし、彼女はヴァイスから逃げようとする。





みんしーやん的評価:
C+

 B級などと言われる映画を観ていると、「この映画、邦題と原題が違うな」というのはよくあるわけです。
 大体「ターミネーター」「アルマゲドン」「トランスフォーマー」をもじったようなタイトルの作品は、ほぼほぼ原題には含まれません(そもそもアルマゲドンに好意的なネームバリューを持ってるのは日本だけ)
 一昔前なら「アンダーワールド」をもじった作品も結構出ていました。正直、それをもじったところで、間違えて借りる人とかいるんですかね? どんだけ似た感じにしようが、アンダーワールドの正規シリーズは4作しかでていません。っていうか、正直「覚醒」は完全なる蛇足だと思ってるんですけどね!
 そもそもからして、あの映画が「ケイト・ベッキンセイルがボディースーツとか着たらよくね?」っていうところからスタートしているわけです。似た関係の映画に「バイオハザード」シリーズがあるわけですが、まあやっぱり美人さんがボディースーツとか黒コートとかを着て、銃を乱射して戦いに臨むってだけで、一ジャンル築けるほどには普遍的に素晴らしい画になると思うわけですよ。
 ってまあ、アンダーワールドの話はいいです。
 で、その「原題と乖離した邦題」によくつくのが「2055」みたいな年号を表しているであろう数字ですね。なんのもじりなんでしょうか。自分がぱっと思いつくのは「2001年宇宙の旅」「2046」しかないわけですが、前者はもじるにはあまりにも古く、後者はもじって集客が見込めるような作品ではないので、何なのか不明ですな。

 んでまあ、この映画も「2055」なんて取って付けた数字が並んでいる時点で、「あ、原題違うんだ」と思ってしまうわけです。そして、それと同時に「じゃあこの映画は面白くないんだな!」というところまでがワンセットで連想されてしまうのです。
 ついでにいうなれば、物語の冒頭で「このヴァイスではこんな素敵なことがあるんですよー」とブルース・ウィリスがおっしゃる時点で、「あ、じゃあこの映画の原題はヴァイスだ!」とまでわかってしまいました。
 見事に的中ですよ。やったね!

 まあ、映画はやっぱり面白くなかったんですけどね。

 どう見てもB級映画で予算もそんなにはないだろうですから、細かいところは突っ込むべきではないのでしょうが、そんな細かいところに突っ込むのもはばかられるほど全体的に凡庸です。
 途中で出てくるスーパーハカーが脈略もなくスーパーすぎるとか、一見有能な戦闘員が全くの役立たずとか、ケリーがジュリアンの部屋に入り込んだ時と、警備のザルさ加減と、その時の職員の無関心さ加減で非常に気の抜けた画になっていたりと、がっかりする場面は目白押しです。
 そもそも、大元の設定である「レプリカント相手に自由に犯罪を犯せる空間」「そのレプリカントが自我に目覚める」という部分が、展開に全く活かされていないのも、じゃあなんなのさという感じ。
 この設定で映画を撮りたかったけど、特に活かすことができませんでした、って感じでしょうかね。

 まあ、特に見るべきところはない映画です。
 ブルース・ウィリスが出ているからというのと、それなりに画はちゃんとしていたから+がかろうじてつく感じですかね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。