スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルヘッド・ジョーズ

トリプルヘッド・ジョーズ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「トリプルヘッド・ジョーズ」

【ストーリー】
3つの頭を抱えた巨大サメが迫り来るモンスターパニック。海洋生物学を専攻するマギーは、水深800mに位置する研究所に入所する。ところが到着早々、3つの頭を持つ巨大サメが施設に体当たりをし始める。即座に緊急避難命令が出されるが…。




みんしーやん的評価:
D+

 圧倒的斬新なフォルムで全日本を魅了した(嘘)あの「ダブルヘッド・ジョーズ」の続編であります。おそらく日本の誰も待っていなかったし、そもそも観ていた人間がどれほどいたかもわからないこの映画ですが、ちゃっかり続編が出ておりました。
 前作「ダブルヘッド・ジョーズ」の「一つの胴体に二つの頭があるサメ」という画期的な見栄えでしたが、正直頭が二つあることの利点は何もありませんでした。だってそうでしょう、体が一つで、一つの方向にしか進めないんだから、頭が二つあったって襲える対象は一つだけですよ。寧ろ、頭と頭の間が安全地帯という、致命的な欠陥を持っているわけです。
 今回はトリプルヘッド、つまり三つの頭です。前作の安全地帯が消えた今、果たして人類に勝ち目はあるのか!

 まあ当たり前ですがガバガバですよ。
 CGは頑張った感はありますが、きちんと作りこんであるCGは再三再四使いまわし、使いまわさないCGは荒が目立つ、前作は一応サメのアニマトロニクス(というか大きいおもちゃ)があったわけですが、今回はありません。そのあたりでも雑さが目立ちます。
 役者の演技ももちろんそれなりだし、ストーリーも特に面白いわけではありません!
 ちなみに、最後は頭同士で共食いを初めて解決したので、結局頭が多いことは弱点にしかなっていません。
 ちなみに、この解決方法ってあの「メガピラニア」と同じだけれども、それで本当に解決するとでも思ってるんでしょうか

 唯一の利点はダニー・トレホが出ていたことでしょうか。しかも前面にトレホを押し出してないところが好感が持てます
 どこかで書いていましたが、出てきただけで絵になって、一人でサメを倒したとしても十分説得力があり、あっさりサメに食われたとしても肩透かし感がない、という点で、このキャスティングはばっちりだと思います。
 実際、サメの首を切り落とすという大活躍を見せましたからね! 拳銃の弾がなくなるや、を持ち出して首を切り落とすという、いかにもな展開。トレホだからって鉈を出せばいいってもんじゃないぞ! もちろん、そのあとあっさり食われて退場しますからね。
 でも、このトレホの撮影時の拘束時間、2時間くらいなんじゃないかなー。初登場から死ぬまでは結構時間が経っていますが、あるのは「無線で話すシーン」「ボートを急がせているシーン」「サメと戦っているシーン」「陸地に降りてサメに食われるシーン」だけですからね。
 まあ結構トレホのことを話しましたが、ほかに話す要素がないので仕方がありません。

 あとは、ヒロインの女の子が可愛かったことでしょうか。この子はもっと頑張ってもいいと思います。

 まあ、時間が余っている人は見ればいいんじゃないですかね!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。