スター・トレック ビヨンド

スター・トレック ビヨンド

 映画を見て参りました。
 見た映画は「スター・トレック ビヨンド」



【ストーリー】
ジェームズ・T・カークは、エイリアンとの会議に出向き、パワーストーンなるものの平和利用を訴えるが、交渉は決裂し、ジェームズ・T・カークはエイリアンたちに襲撃される。そのため、緊急転送し、U.S.S.エンタープライズ NCC-1701に戻ったジェームズ・T・カーク一行は、パワーストーンの破壊的利用を恐れ、船内のセキュリティボックスに厳重にしまい、ワープ航法で、エイリアンたちの許を去る。 エンタープライズがファイブイヤーズ・ミッションに就いて3年の月日が流れようとしていた。カーク率いるエンタープライズのクルー達は仲間としての絆を育みエンタープライズは我が家と呼べる存在となっていた。そんな中、エンタープライズは物資補給のために宇宙基地ヨークタウンに停泊する。


評価:
A-

 前2作を受けての新作ですが、今作も非常に安定した感じで見られました。元々スタートレックに強い思い入れがないのもあると思うのですが、素直に楽しいと思える映画でした。
 このシリーズの何がいいかというと、「過去の歴史を否定することなくリブート的に物語を再構築することが出来た」ことだと思うのですよね。
 この作品がそのパイオニアであるかは、寡聞にしてイマイチ把握しておりませんが、ただその設定をかなり有用に使えているのではないかと思います。
 まず、そもそもがSFなので、「パラレルワールドの発生」やら「次元の転移」を違和感なく盛り込むことが出来たのと、そして、過去のシリーズを「実際に起きたこと」としながらも、登場人物に今の時代に即した新しいキャラクター性を与えることが出来たことが大きのではないかと思います。
 リブート作品となると、大抵過去を一度なかったことにして新しい設定を盛り込むわけですが、このJJエイブラムスのスタートレックでは、過去を消す必要がなかった。レナード・ニモイのスポックがエンタープライズにのって大冒険したり、カーク船長がどこかの星でトカゲ頭の宇宙人ともっさりバトルをしたのも、この世界ではたしかに起こった現実なのですよ。パラレルワールドではありますが。

スター・トレック ビヨンド
 そんなわけで、過去を大事にしながら、今の観客を大切にしている、んではなかなーという本シリーズでございますよ。

続きを読む

スポンサーサイト

マギー

マギー

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「マギー」

【ストーリー】
未知のウイルスが世界中にまん延し、人々が次々とゾンビ化していく中、アメリカの田舎町で暮らす16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も感染してしまう。彼女の父ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、隔離病棟に入っていた娘を捜し出して連れ戻す。家には、マギーにとっては義理の母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と、彼女とウェイドの間に生まれた2人の子供がいたが……。


評価:
C+

 アーノルド・シュワルツネッガー主演のゾンビ映画でございます。
 ……と聞くと、そらもうシュワルツネッガーが、ゾンビをちぎっては投げちぎっては投げ、八面六臂の大活躍をすると思うじゃないですか。思うじゃないですか。そんなことはまったくないのですよね!
 まあ、それはいいんですよ。シュワルツネッガーもアクション一辺倒の役者ではなく、色んな演技ができる役者さんですから、こういう静かな映画もありだと思いますよ。実際、苦悩する父親像をしっかりと演じていらっしゃいました。
 ただまあ、この静かなゾンビ映画が、どの程度ニーズを拾えているのかな、と。

 これは私だけかも知れないし、まあ多分そうじゃないとは思うんですけど、ゾンビ映画を見る人って「ゾンビと逃げたり戦ったりするところを見たい」っていうのが基本線だと思うのですよ。言ってもゾンビってホラー映画のクリーチャーであり、打倒するべきモンスターじゃないですか。当然、ゾンビ映画っていうジャンルが定着するに連れて、王道に対して絡め手っていうものが出てきても悪くはないと思うのですが、やっぱり基本線は「ゾンビ⇒倒す⇒完!」ってところだと思うのですよね。
 だから、「娘がゾンビになる、かも」っていう悲劇を描くにしても、「ゾンビとの戦い」はしっかりと描くべきだと思うのですよね。
 今回の映画にはそれがなくて、単に「娘がゾンビ化する苦悩に苛まされる父親」しか描かれなかったので、「ゾンビ」である意味がないかなーと。もう少し、人を襲う存在にならざるを得ない=ゾンビらしい描写をしっかり書いていただければ、苦悩もしっかり伝えられたのではないかなと思うのですよね。

アナザー

アナザー

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「アナザー」

【ストーリー】
金髪の美女ダニーは、新車サンダーバードでパリから南仏をめざす旅に出た。しかし、行く先々で出会う人々が、彼女のことを昨日も見たという。ダニーにとってははじめて通る場所で、知るはずのない場所なのに。しかも、どうやらその「もう一人の自分」は、ある殺人事件にまで関わっている様子。ダニーはいつの間にか、全く身に覚えのない殺人事件に巻き込まれていってしまう…。


みんしーやん的評価:
C-

 「アナザー」などとまるで「二重人格もののサイコスリラー」を想起させるようなタイトルが付いておりますが、実際はそんなことはありません。
 原題は「新車の中の女」であり、全く最近のものでもない小説の映画化作品であります。
 何故このような、二重人格を思わせるような邦題をつけたのかが謎です。
 ただまあ、このジャケットなんですけど、どこかで見覚えがありませんか? まあ、普通の人はないと思います。ですが、ある人はあるでしょう。

パラドクス


 いや、別にそんなにもったいぶることではないのですけどね。
 この「パラドクス」も、パッケージを見ると「絶叫系サイコスリラー」みたいな感じですが、実際は全く違っていて、実際は超現実的な「不条理系サスペンス・スリラー」ですからね。
 なのでこの配給会社は、この方向性でパッケージを作っていくのでしょう。結果として、パッケージを見て「あ、別にこれ二重人格サイコスリラーじゃない」って気づいてしまいました。
 パラドクスの原題は「INCIDENT」と言って、このパッケージみたいにB級感のないちゃんとした映画です。グロとかではなく、しかしそれ以上に生理的嫌悪感を催す演出はいっぱいですが、面白いので一度見ると良いと思います。
 自分も、風引いてない時にもう一回見てみます。

 ちなみに「アナザー」の他所の国のジャケットはこんな感じでしたとさ。
アナザー"



 でまあ本編ですよ。
 あらすじ及びトリックはすでに昔にバラされているものなので、そこへの突っ込みはどうでもいいでしょう。種明かしを最後に一気に畳み掛けているとか、そもそもヒロインのドライブコースがかぶったのはただの偶然かよとか、じゃあヒロインの内なる声は一体何だんだよ、とか、色々と突っ込みどころはありますが、まあ、それはいいですよ。
 感想としては、兎にも角にもヒロインがエロい。いやいや、あんな短いワンピースフロントにスリットがあってあんなにスタイルのいいヒロインが「地味な女の子」として出てきたって、そんなの無理ですよ。抑えられないエロスが漂っていますよ! エロスっていうか、単純に性的なんですよ!

アナザー
アナザー


 なんで正直、物語の結末はほとんど頭に入らず(まあ古い物語なのでそれでもいいかな)ヒロインの太ももばかりを見ていましたとさ。

最強サイボーグX

最強サイボーグX

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「最強サイボーグX」

【ストーリー】
過激で急進的な武器製造企業Xコープがサイバー・ウィルスによって乗っ取られてしまい、
ウィルスは様々な機械や武器に感染・暴走を始め、人類を破滅へと追い込みはじめる。
それから一年後、世界は死と破壊で荒廃と化していた。サイバー・ ウィルスは残っている人類を全滅させるべく、
生存者追跡用のガトリング・ガン搭載ドローンと人間と武器を合体させた最強のマッドサイボーグを作り上げていた!
生き残ったグループはウィルスの制御と生き残りを懸けて決死の反撃に出る!
ヤツらを操るマシンの供給源ごとシャットダウンする為にXコープ社に侵入するが、そこには想像以上の恐怖が待ち構えていた!
殺るか殺られるか、自由と生き残りをかけたサバイバルが幕を開ける―


評価:
D

 例えばレンタルビデオ屋で「よし、ビデオを借りよう」と思うとするじゃないですか。
 その時に「じゃあこれだな」って選択するのって、実は結構大事な選択であるべきだと思うのですよ。
 だって、その映画は短くても1時間半程度はあるわけじゃないですか。1時間半、基本的にはその映画にかかりっぱなしになるわけですよ。1時間半で済むならまだしも、それ以上かかることだってあるわけじゃないですか。その時間を映画に捧げるって考えたら、これは結構なことなんだと思いますよ。
 じゃあ、その貴重な時間をどうやって過ごすか、何に捧げるか、って選択をする時に、皆様はどんな基準を設けられるでしょうか。
 まあ色々あるでしょう。一度見なことがある好きな映画だ、とか、好きなジャンルの映画だ、とか。当然その中には、「好きな俳優が出ているから」というのもあるでしょう。

 はい、これがその映画です!
 ダニー・トレホが出ていますよ!

最強サイボーグX

 そして、殆どの人はご存じかと思いますが、ダニー・トレホが出ている映画は、大抵それ以外に見るべきところがないのですよね。今作も全くその例に漏れず、ダニー・トレホ以外の着目点はありません
 いやまあ、やろうとしてることは分かるんですよ。ただ「機械に支配された世界」と言う割に、敵として出てくる機械はCG丸出しのドローンと、ほぼマッチョな人間しか出てこないわけで、あとはマッドマックスを劣化させたような荒廃した大地しかないわけですよ。それで「機械に支配」とか言われたってねぇ。

最強サイボーグX
これで機械らしい。

 肝心要のダニー・トレホですが、完全に「ダニー・トレホ」の役でございました。それ以上でもそれ以下でもない、ダニー・トレホ。いつものように大活躍した挙句、あっさりと退場していきました
 あとは、ごくごく普通のダメな映画ですね。オチも中途半端ですし。一番気になったのは、村に取り残された少女が地下に逃げ込み、マッチョなサイボーグにやられるかやられないか、という場面。司令塔襲撃チームと交互に描かれるわけですが、このあたりの時間の対比の仕方が雑。少女のシークエンスの方がものすごい時間が経ってるように見えちゃう。全然安全じゃん、マッチョものすごい手抜いてるじゃん。そんな時間の経過の仕方に見えます。これは非常によろしくない。

 まあ、この少女のシークエンスは取り立てる一箇所でしかありませんが、全体的にもこんな突っ込みどころは多々あります。
 そもそもからして、ダニー・トレホを、主役に統べるでもなく、かと言ってしっかり目立つところに置くあたり、そういう志の映画なのでしょう。

バチカン・テープ

バチカン・テープ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バチカン・テープ」

【ストーリー】
ロサンゼルスで暮らすごく平凡な娘アンジェラ(オリヴィア・テイラー・ダドリー)は、誕生日を境に周りの人々に次々と災厄をもたらし始める。家族や友人たちが何とかして彼女を救おうと手を尽くした結果、悪魔が取りついた可能性が高いとわかる。カトリックの総本山であるバチカンは、アンジェラの悪魔払いを行うことになり……。


みんしーやん的評価:
C+

 というわけで、「アンダーワールドの制作陣が放つ」という実に遠回しな表現に一抹も二抹も不安を覚える本作であります。
 話の基本線としては「バチカンに保管されている悪魔祓いのビデオが見つかったよ」ってところからスタートして、その中の一本はこうして撮影され、世に出ました、ってところなのだと思います。なので、司祭たちも悪魔祓いの前にビデオを設置するし、ところどころビデオ映像が挿入される。
バチカン・テープ
こんな具合に

 まあ、このあたりは実に自然だ思うのですよ。POVとかだと「お前は何故その状況でビデオを回しているんだ」ってことが、比較的頻繁に発生するわけですが、今作についてはその不自然さがありません。ありませんが、別段これはファウンド・フッテージものでもPOVものでもなく、れっきとした普通の劇映画で、第三者視点も平気で盛り込まれるので、あくまでも「かかる大事件はこうして起きた」ってのを「証拠映像もこうして撮られた」ってところ込みで表現しているに過ぎないかなと。ただそこは、あくまでも「テーマに対する味付け」というのであれば、そんなに悪くないかなと思います。

 ただまあ、全体的に楽しいかというと、そこは微妙
 ハイライトは当然、悪魔に憑かれた彼女と司祭の悪魔祓い合戦になるわけですが、そこに至るまでが結構だらだらとしており、その間に「彼女がいかに悪魔なのか」を描いているわけですが、ちょっとしつこいくらいに悪魔であることを表現してるので、悪魔祓いシーンでの全力悪魔のインパクトがちょっと薄れているような気がするのですよね。
 個々のシーンも怖いかと言われれば、たしかに怖いようには演出してるけど、そんなに画面から目を背けたくなるほどの恐怖、ってのはなかったですね。むしろ、そこに届こうとする一歩前で終わってしまう感じ。いやまあ、怖い演出を見ると怖くなってしまうのでそれでもいい気はしますが、ちょっと肩透かしですかね。

 そんなこんなで、そこまで面白いというものではないです。が、そこまでつまんないと言うものでもないので、なんか5本借りたら安くなるキャンペーンのときに、数合わせででも借りてみたら良いのではないでしょうか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。