10 クローバーフィールド・レーン

10 クローバーフィールド・レーン

 映画を見て参りました。
 見た映画は「10 クローバーフィールド・レーン」



【ストーリー】
目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?


みんしーやん的評価:
C-

 というわけで見てまいりましたよ。
 「クローバーフィールド」の名前が入っている通り、嫌が上でも「クローバーフィールド」と関強調文連付けて考えてしまうわけです。と同時に、この「クローバーフィールド」という名前に対しては、それと関連付けるものの全てが「特に関連付けられてないんじゃないのほんとは?」という疑念を抱いてしまうのもまた事実。自分は「直接的な関係はないんでしょ?」という、どこか切り離したところでこのタイトルを見ていました。
 まあね、「クローバーフィールド」はそのプロモーションで「関係有るのかないのかよくわからない映像」山のように見せられていたので、その一環にこの作品も連ねられているんですよね。だから、特に「あの怪物」が出てこなくても、不満はありませんでした。

 ありませんでした、が!
 じゃあこの作品って何よ、ってところですよね!
 「クローバーフィールド」の何が良かったかって、あれはそのプロモーションとPOVを全て含めて「本当に巨大な生物がいたかのような体験」をできることですよ。ハンディカメラに残された巨大生物の姿。実際にあった出来事はそこに残されていても、なぜそうなったのかは分からない。そのヒントは、不鮮明な断片として幾つかの映像が残されている。そういうのを寄せ集めて「本当に怪物がいたんだねー」というシュミレートをできるところが、楽しかったと思うのですよ。
 じゃあ、今回はどうかというと、「何もかもが遠い世界の話だし、正直どうでもいい」というところでしょうか。

 この映画ですが、いくつかのミスを犯しているのではないかと思います。
 それは一つではなく、幾つもが複雑に絡み合っています。映画そのものも問題もありますし、そして、これもいつも通りのことですが、日本でのプロモーションが最悪だということでしょうか。

続きを読む

スポンサーサイト

デッドプール

デッドプール

 映画を見て参りました。
 見た映画は「デッドプール」



【ストーリー】
ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。


みんしーやん的評価:
A

 はい、見てきましたよ! デッドプールさんですよ!

 結論から言えば、実に、実に楽しい作品でした。なんだろうね、映画ってこういうものだよ。どこまで言っても映画に必要なのはエンターテイメントだし、たとえ深く考えさせられる芸術的な作品であったって、「芸術を理解している自分」を認識して楽しむだけのエンターテイメント作品だしね。そういう意味では、全ての映画は何らかのエクスプロイテーション要素を持っていると言っても過言ではないわけでね。
 心の機微を丁寧に描き切ったミニシアター系の映画と、名優が勢揃いして繰り出す本格ミステリーと、お姉ちゃんがおっぱいだして人がいっぱい死ぬ映画は、全部対等に価値のあるエンターテイメントでしかないわけですよ。
 その辺りをわかってないから、日本のエンターテイメントは総じてつまらないわけですよ。より「感動的」「哲学的」「高尚」なものを勝手に切り分けて価値を上げてるから、エンターテイメントの作り方がわからなくなってるんだ。エンターテイメントに「所詮」なんて枕詞をつけて語ってるから、ちゃんとしたエンターテイメントを作れない。「所詮」エンタメだから話題の俳優を集めとけばいいんでしょ? 「所詮」エンタメだから漫画原作で十分でしょ? 「所詮」エンタメだから演技力とかそこそこでいいでしょ?
 そういう気の抜けたことをしないで、相手を楽しませることを真剣に考えて、真剣に実現させないと、人って心を動かしてくれないものなんだぜ。だったらエンタメなんかよりも、よっぽど叙情たっぷりの感動ものの方が、制作のハードルは低いんだよ。

 そういう意味で言えば、このデッドプールだって十分に「感動的」「哲学的」であるんですよ。まあ「高尚」では間違いなくないですけどね!
 近年の映画でここまで笑わせてくれたのは久しぶりでしたね。下ネタが多め、というか半数以上そうなんですけど、それを含めた小ネタの全部に対して「つまらない」と感じることがなかったのは、もう奇跡的なことなんだと思うのですよ。

続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

 映画を見て参りました。
 見た映画は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」



【ストーリー】
アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう。


みんしーやん的評価:
A-

 今回、前情報ゼロで挑んできました。
 どのぐらいゼロかというと、キャプテンアメリカの過去作品未見は当然として(キャプテン・ハメリカはちょっと見た)アイアンマンも全て未見(アーンイヤーンマンも未見)、当然アベンジャーズもハルクもマイティ・ソーも未見です。(クリス・ヘムズワースの出世作にして代表作であるCABINは見た)
 基本的に自分の中のキャプテン・アメリカのイメージって、レーザーみたいな真空波動拳と一緒に盾を投げてる人なのです。多分世の成年男子のほとんどはそのイメージのはずです。そのイメージのはずでした
 それが、気付けば盛大に世界観広がりまくりで映画になってますからね。
 いや、こっちも見たくない訳ではないのですよ。マーベル嫌いじゃないし。ただ、はじめのきっかけを逃してから、あれよあれよと盛大に作品が展開されて、そいつらが露骨に続いて絡まっていくじゃないですか。
 もうね、追いきれないっすよ。
 今回のシビル・ウォーを見るためにも、必要な見ておかなかゃ行けない作品って、「キャプテンアメリカ」2作、「アイアンマン」3作、「アベンジャーズ」2作、「アントマン」1作、気が向いたらスパイダーマンって感じで、もう何時間かかるんだよって話でしょう。そこに「キャプテン・ハメリカ」と「アーンイヤーンマン」も加わるわけだしね!しかも今回なんか、あからさまにアベンジャーズの続きだし、アイアンマンもブラックウィドウも普通に出てるから、じゃあもうこれアベンジャーズじゃないか、と素人目には思うわけ。
 そこで「いや、これはキャプテンアメリカで、3部作の最後なんですよ」と言われたところで、こっちはもう「はぁ」としか言えないでしょ。
 そこまで、この世界観は盛大に広がり過ぎてるわけです。そりゃ追いかけられませんよ。
 その中で、今回全くの空手で挑んだ、まずはその行為に評価を頂きたい。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。