鉄拳 Kazuya’s Revenge

鉄拳 Kazuya’s Revenge

 BDを見て参りました。
 見た映画は「鉄拳 Kazuya’s Revenge」

【ストーリー】
過去の記憶をすべて失い、冷徹なボス“牧師”が率いる武装組織に拉致された孤高の青年“K”(ケイン・コスギ)。暗殺者になることを強いられた彼が唯一信じていたのは、命の危機を察した瞬間に自らが放つ殺人的な“本能の拳”のみ。驚異的なその潜在能力を買われた彼は、この世に蔓延る罪人たちを処刑するという闇の任務を与えられたのだ。ある時、組織を抜け出した裏切り者の始末を命じられた“K”は、牧師の知られざる本性と、自分のアイデンティティに関わる驚愕の真実を知ることになる……。


みんしーやん的評価:
D

 そしてまさかの続編ですよ!

 正直どうやっても売上を出せたとは思えない前作の、まさかの続編でございます。
 続編とは言っても、本編の前日譚に当たるストーリーです。

 真っ先に目につくひどいところとしては、鉄拳感が皆無というところでしょうか。
 平八に一八、(多分)ブライアンなど、名前は鉄拳のキャラですが、見た目からそれを想起するのは難しい。平八なんてあの髪型してないから。ただの禿げたおじいさんだから。それ以外に、物語のキーになる「牧師」も、「牧師」の部下の女暗殺者たちも、いい中になる女の子も、鉄拳とは関係ないオリジナルキャラクターばかり(だと思います)
 これは鉄拳の映画ですよ、と言われたって、何を馬鹿な、と思われるのは必定。

 ストーリーもひどい
 明確な物語として存在するのは、<一八が記憶喪失になっていること、牧師と呼ばれる人物に囲われたこと、そこで暗殺の仕事を請け負っていること、離反すること、平八と決着をつける……手前までいくこと。
 その殆どは暗殺の仕事を請け負うところに終止するわけですが、ここのテンポが異様に悪いです。なんでもないシーンでもスローモーションが多用される。むしろアクション場面以上に、ただ歩いているシーンでスローモーションが多用される
 そしてかなり頻繁に挟まれる、「元々の記憶の断片のようなシーン」が、まあテンポを削ぐこと削ぐこと。正直、こっちはサブタイトルの「Kazuya's Revenge」ってのを知ってるから、その時点で「ああ、平八に記憶を消されたんだね」ってのはわかるわけですよ。その上で、あんな頻繁に挟まれたって、そりゃもう鬱陶しことこの上ないというね。
 あとは、アクションものとしての欠点が、最終的に戦う相手が、特に物語の解決に繋がる敵ではなかったということでしょうか。そういう意味では、最後に戦う相手が因縁のある一八だった前作のほうが、まだすっきりするわけですよ。正直今回は、誰と戦ってたのかすらわからなかったですからね。牧師あっさり退場するしね。

 映画の全体的な雰囲気も、まあ酷かったです。
 前作が、見た目だけでも原作を再現しようとして、ディストピア設定ながらも脳天気な作品に仕上がったのに対して、今回はひたすら陰鬱。アクションに入ってもスカッとするところがなく、ただただ重苦しいばかりです。
 この流れ、何かに似ていると思ったら、「ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録」だ、ということに気づきました。
 「殺戮の黙示録」はそれなりには楽しんで見れたのですが、こちらは正直ダメです。言っても向こうは、ヴァン・ダムドルフ・ラングレンですからね。こっちはケイン・コスギですよ。

 なんていうか、ハヤブサさんの時も思いましたが、ケイン・コスギの朴訥とした感じは、正直アクション映画にそぐわないのではないかな。なんというか、どんな顔を作っても「何も考えていない」ようにしか見えないんですよ、彼。気合を入れた表情を慕って嘘臭くなるし、穏やかな笑顔もしっくりこない。じゃあ、無表情な殺人マシーン的な役ならいいんじゃないかと思われますが、彼の場合、「心がない」じゃなくて「何も考えていない」だけなので、むしろその択が一番ダメな気がしますよ。
 なんか、日本だと一端のハリウッド俳優みたいな立ち位置で語られますけど、正直どうなんでしょうか。
 という話題になると、「日本だけで受けてる外国人俳優みたいなものでしょ?」みたいな比較を持ち出す人がいますけど、それって違うと思うんですよね。だって、ハリウッドと日本映画界では、市場の規模が全然違うじゃないですか。
 正しい例え方をする、ならケイン・コスギって「全国区の番組でたまに見かける、地元ではそれなりに有名なローカルタレント」くらいの立ち位置だと思うのですよ。

 まあ、ちょっ話はそれるんですけどね。
 ちょっと前に、日本で「日本語以外使用禁止の店がある」みたいなのがあった時に、「それって、アメリカで日本語使うなって言ってるようなものだよね」みたいな前提で、賛否両論議論があったわけですが、その前提って間違ってると思うんですよ。論の比較としてまったく対になってないわけですよ。
 だって、英語と日本語は、対等ではないじゃないですか。
 対になる話をするのであれば、「鹿児島に旅行に行ったら、店で『お前ら薩摩ん言葉使わんならここに首おいてけ』(方言指導:島津豊久)と言われた」ってのが同じ立ち位置なんですよ。そう聞いたらどうですか。この店って、結構無茶なことを言ってるでしょう。
 なんでさ、そんなに偉そうなんだよ日本の人はよ。ローカルでマイナーな言語が世界で市民権を得てると思ってるんだろう。あんまり現実を見たくないのかな。

 話を戻して。
 ケインさんが有名なローカルタレント止まりなのは、やっぱり表情の演技の気合の入らなさが、大きく足を引っ張ってるのじゃないかなと思いますね。
 演技が下手でも、気合の入った表情を見せられれば、もっとしっくりは来ると思うんですよ。彼は、先程も述べたとおり、朴訥として気合が入っているようには見えませんからね。ついでに演技も下手ですから。アクション俳優でも、アクションだけ良ければいいというわけではないのです。難しいですね。

 でまあ、まとめとして。
 見る必要はないです! 以上!
 おそらく、何作か作るつもりでバンナムさんと契約とったはいいけれども、1作目が思いの外ずっこけて制作費が出なくなったので、どうするか思案していたところ、「ちょっと俺、撮りたい画があるんだよねー、アクションでさぁ。しかも安く!」みたいなことを言ってきた監督がいて、「じゃあ空いてる版権を契約が残ってる間に使っちゃうか。安けりゃある程度回収できるでしょう」的な感じで、「俺のやりたいアクション映画」に無理矢理鉄拳を当てはめたんじゃないですかね。
 だって、明らかに作品の毛色が違うし、予算だって露骨に違ってるんだもん。
 そして、この続編よりは全然見れたものであった前作のほうが、よっぽど書くことが少なかったあたり、負のエネルギーって偉大なんだね、とも思ってみたりね。
スポンサーサイト

TEKKEN -鉄拳-

TEKKEN -鉄拳-

 BDを見て参りました。
 見た映画は「TEKKEN -鉄拳-」

【ストーリー】
文明が崩壊し、巨大権力を持つ悪徳企業によって支配される近未来の世界。裏社会のトップに君臨する三島平八率いる三島財閥によって母親を殺された風間仁は、三島の開催する格闘技大会に出場し、復讐のチャンスを狙う。しかし、そのトーナメントには恐るべき陰謀が隠されていた。


みんしーやん的評価:
C-

 かつての実写版DOAに比べたら、幾分かは楽しめる作品では無いですかね。
 少なくとも、キャラ造形についてはDOAの数倍はマシです。DOAではゲン・フーくらいしか原作っぽい造形のキャラクターがいなかったのに対し、こちらは少なくとも全キャラでそれっぽくは見えております。なんなら、一番わかり易い特徴のある平八が、一番似ていなかったくらいでしょうか。

 ただまあ、似ているのは「造形」だけですよ。中身はもう、「お前はどのゲームを映画化したんだ」ってくらい異なっている。
 ブライアン・フューリーがレプリカントではなくサイボーグになっていたのは最悪まだいいとして、一八の最終的な武器が「斧」だったりとか、「敵の敵は味方」理論で平八が妙に善人っぽく見えたりだとか、ニーナとアンナが果てしなく小物になってたりとか、そもそも吉光が三島財閥と懇意だったりとか、っていうか、TEKKENコーポレーションってなんですか! っていうかなんであんなディストピア設定になってるんだよ!

 とまあ、基本的な設定は原作とは似ても似つかない感じではありますが、格闘的なアクション場面はそれなりにきちんとしていましたよ。画も、しっかりとしていましたし、雰囲気は良かったです。
 ストーリーはまあ、よくもなく悪くもないって感じですかね。設定がとんちんかんなことを除けば、鉄拳好きにはそれなりに楽しめると思います。そうでない人は、まあ特に見る必要はないのではないですかね。

アンナチュラル

アンナチュラル

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「アンナチュラル」

【ストーリー】
写真家マーティンとクインシーを始めとしたグラビア美女グループは、自然光が美しい極寒のアラスカ州にロケーションに出かける。水着の美女たちを白い雪で覆われた大自然の中に配置して芸術的アート写真を撮ろうとする彼らを、地元の経験豊かなハンターと宿泊ロッジのオーナーが迎える。
「この辺には鋭い牙と鈎爪を持つ人喰い熊が出没するらしい」とみなに警告するロッジオーナーだったが、そんなことは噂に過ぎないとやり過ごすマーティン一行だった。
時を同じくして、バイオエンジニアリング会社のクロービッチ産業が過酷な自然の中でも長生きできるように北極グマを遺伝子組み換えする実験を長年にわたり実施した末、獲物を冷酷に狙い、攻撃して、そして食するバイオテックな人喰いグマを創造してしまう。
この人食いグマから自分のゲストであるマーティン一行を守ろうとする、ロッジオーナーとハンターだったが、このバイオ人喰いグマは人間の想像を遥かに超えた知能と闘争本能を兼ね揃えた最強のモンスターだった・・・。果たしてサバイブするのは人間か、それとも自然界最強のバイオ熊か!壮絶な生き残りの戦いが今始まる!


みんしーやん的評価:
D

 まあなんというんでしょうかね。

 一見すると、判で押したようなB級クリーチャームービーに見えますが、ちょこちょことひねりを加えているあたりに、評価の兆しを見られるような気がします。


ナチュラル:「死体の出てない死人は実は生きてて、最後に助けに来るんだよ!」

アンナチュラル:「そんなことなかったぜ!」


ナチュラル:「壊れた無線を直していた、これはきっと最後に助かるフラグなんだ!」

アンナチュラル:「そんなことなかったぜ!」


ナチュラル:「主人公が女職員の不正を掴んだ! きっと最後に女職員は裁かれるんだ!」

アンナチュラル:「そんなことなかったぜ!」


ナチュラル:「嫌味なカメラマンだな。これは助かったと見せかけて、最後にやられるパターンだな」

アンナチュラル:「そんなことなかったぜ!」


ナチュラル:「言ってもB級で、露骨に水着のおねえちゃんでてるんだから、そりゃもうおっぱい、っていうか乳首くらい出してしかるべきでしょう」

アンナチュラル:「そんなことなかったぜ!」


とまあ、B級のお約束の伏線を散りばめながら、ことごとく肩透かしをしてくるというね。
 それが面白さに繋がるかと言われれば、まあ、こんな小ネタで誤魔化そうとしているあたりで、お察しなわけですよ。

 それよりも気になったのが、この映画、どういう使い分けなのか知らないですが、パッケージが2種類あるのですよ。

アンナチュラル  アンナチュラル 水着ver


 不自然に付け足された水着のおねえちゃんですが、正直、パッケージにいるかなぁ……。
 さすがに、どこをどう見ても天下一品のB級映画、それだけでは訴求力は皆無。というわけで、お姉ちゃんをパッケージにおいてみた、ってことなんでしょうかね?

 あとは、かのツイン・ピークスに出ていたシェリリン・フェンとレイ・ワイズ出演しておりますが、まあ、だから面白くなるかと言われたら、ね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。