バーバレラ

バーバレラ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バーバレラ」

【ストーリー】
すべての兵器が廃止された遠い未来、主人公バーバレラは、陽電子光線発生装置を発明したくじら座タウ星の科学者デュラン・デュラン博士を探せ、という密命を地球大統領から受ける。装置が破壊兵器に転用されれば、武装のない地球は簡単に征服されてしまう。バーバレラはタウ星に向かい、セックスに満ちた冒険を繰り広げ、タウ星を回る惑星の地下に広がる都市を支配する女王や、悪党デュラン・デュランと対決する。


評価:
A

 溜め込みすぎてて書くのが億劫になっていたので、精神をすり減らさないように少しずつ消化していきたいと思います。

 というわけでバーバレラでございます。
 はるかな昔、「不思議の国の美幸ちゃん」で「美幸ちゃんが深夜放送のバーバレラのテレビ放映を寝過ごしてがっかりしたところ、バーバレラの世界に引き込まれる」というお話があったのですが、今思えば「夜更かししてまでバーバレラを見ようとする女子高生がいるもんか!」ってなりますよね。現実にいたらいたで、かなり将来有望なので大切にしたいと思うのですが、現実は厳しく、女子どころか男子でも非常に稀な存在でしょう。
 んでまあ、そのバーバレラです。
 映画自体は決して上質といえるものではなく、粗は多く予算は少ないという、これでもかってくらいB級映画なわけですが、どういうわけか、名作に数えられる作品であります。
 いやまあ、カルト映画を「名作」と言ってよいのであれば、ですけれども。でも、スター・ウォーズだってはじめはカルトだったわけだしね!
 この映画がどんな映画のあらすじを一言で言うなら、「行方不明の科学者がマッドサイエンティストだったから、そいつを倒して世界を救う」というもの。非常にナンセンスにして、非常にチープ。それでもこの映画が名作に数えられるのは、ひとえに「ジェーン・フォンダが美人」であり「その美人が頻繁にエロい衣装を着替え」「ついでにエロいことをする」という、その一点にあります。勿論、その衣装を含めて美術造形に今の時代にはないセンスの良さがある、というのもあるのですが、それを凌駕する勢いでやはり「バーバレラがエロい」というのが訴求力として大きいと思うのです。正直、そのために見ていると言っても過言ではないでしょう

バーバレラ
かの有名な無重力ストリップ。
ガラスの上に寝転がって撮影してるんですって!

 ただ、訴求力は確かにそこにありますが、映画は決して、そこだけの映画ではないのです
 音楽や演出も含めて、全体的にセンスが良いのですよね。服装も、たしかにエロいのですが、それだけではなく格好良さも感じさせる。宇宙船の外装や内装も然り、ソゴーの人々の服装なんかも色々と奇抜で良いのですよ。そいつらが、非常にチープな画面の中に収まっている。「低予算」という枠に閉じ込められるには、これらのセンスはちょっとばかり抜け出していて、それも相まってか非常にセンスよく見えるのですよ。

バーバレラ
1968年にこの服装のセンス。

 まあ、などと色々言った所で、結局「エロい女の子最高!」というところが大本にあることは、揺るぎのない事実。そしてそれを声高に叫ぶことも、また映画の一つの要素なのですよ。
スポンサーサイト

イーオン・フラックス

イーオン・フラックス

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「イーオン・フラックス」

【ストーリー】
ウイルスにより人類の98%が死滅した西暦2015年。人類は科学者トレバー・グッドチャイルド(マートン・ソーカス)の圧政に怯えながら暮らしていた。グッドチャイルドの暗殺を企てる反政府組織の戦士イーオン・フラックス(シャーリーズ・セロン)は、妹が政府によって殺されたことにより激しい憎悪を募らせていた……。


評価:
C+

 そんなわけでイーオン・フラックスです。
 映画の主軸としては「シャーリーズ・セロンが全身タイツでアクションするからウッキウキ」というところになります。
 映画自体はいわゆる「ディストピアSF」。悪辣な支配者に支配される人類が、そこから脱却するために戦う人々の活躍を描く、ってな感じのよくあるディストピア映画です。
 実際、SF的なプロップは良く出来てるんですよ。両足を両手にしてみたりとか、思いのままに動かせる液体型の爆弾とか、監視カメラの映像を記憶している的な水たまりみたいなものだとか、細かいSFの描写はよく出来ていると思うのですよ。
 ただね、全体的には凡庸な映画なのかな、とは思います。美人さんがボディースーツで大暴れする映画だったら、そもそも当時ですら「アンダーワールド」って先駆者があったわけで、それと比べてもいまいち軸の定まらなさが見て取れます。ストーリーも「ディストピアSF」として決してフレッシュなものでなければ、オチも特筆すべきものではない。プロップにしても、良い出来とは思いますがそれが全てを凌駕するほどではない。
 そんな感じで、もろもろ中途半端な映画になってしまったのではないかと思います。アンダーワールドより先に出ていればまだ評価も変わったとは思いますが、まあでもあそこまで見栄えに突き抜けているわけではないし、やはり微妙な部分はあると思います。
 決して唾棄すべきほどつまらない作品ではないのですけどね。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー



 映画を見て参りました。
 見た映画は「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」



【ストーリー】
帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チアン・ウェン)、ボーティー(リズ・アーメッド)といったメンバーで極秘部隊ローグ・ワンが結成され、ミッションが始動するが……。


評価:
A

 というわけで見てきましたよ! ローグ・ワン!
 以前のフォースの覚醒の時にも言いましたが、私はスター・ウォーズが大好きなのですよ。当然これもウキウキしながら待ち受け、そしてウキウキしながら見ましたよ。
 スター・ウォーズのエピソード4「新たなる希望」に接続するストーリーだということで、あのデス・スターの設計図をいかにして同盟軍が手に入れたか、ということが描かれる話なのです。
 エピソード4を始めて見た時、どこに一番インパクトを受けたかというと、あのオープニングなわけです。字幕でストーリーが流れる、それがはけるとカメラがパンして、惑星を映す、そこに画面手前からやってくる、一見巨大に描かれる宇宙船、それを追いかけるように画面に入る、更に巨大なスター・デストロイヤー。あのインパクトは幼き自分には、映画という文化に自分を引き込むには十分たるものであったのです。
 その、まさしく宇宙船が飛び出し、スター・デストロイヤーが追いかける、その瞬間までを描く映画なのです。自分はこんなに近々まで描くとは思っていなかったので、ラスト少し前にスター・デストロイヤーが出てきた時に「おおっ」となりました。
 そんな、大好きなスター・ウォーズの、大好きなエピソード4に連なるお話。勿論、楽しむことが出来ました。トータルでは面白いと言っていいでしょう。
 しかし、決して不満もなくはないのです。不満はないけど、トータルで+になると、そういう作品だと思うのです。

続きを読む

スター・トレック ビヨンド

スター・トレック ビヨンド

 映画を見て参りました。
 見た映画は「スター・トレック ビヨンド」



【ストーリー】
ジェームズ・T・カークは、エイリアンとの会議に出向き、パワーストーンなるものの平和利用を訴えるが、交渉は決裂し、ジェームズ・T・カークはエイリアンたちに襲撃される。そのため、緊急転送し、U.S.S.エンタープライズ NCC-1701に戻ったジェームズ・T・カーク一行は、パワーストーンの破壊的利用を恐れ、船内のセキュリティボックスに厳重にしまい、ワープ航法で、エイリアンたちの許を去る。 エンタープライズがファイブイヤーズ・ミッションに就いて3年の月日が流れようとしていた。カーク率いるエンタープライズのクルー達は仲間としての絆を育みエンタープライズは我が家と呼べる存在となっていた。そんな中、エンタープライズは物資補給のために宇宙基地ヨークタウンに停泊する。


評価:
A-

 前2作を受けての新作ですが、今作も非常に安定した感じで見られました。元々スタートレックに強い思い入れがないのもあると思うのですが、素直に楽しいと思える映画でした。
 このシリーズの何がいいかというと、「過去の歴史を否定することなくリブート的に物語を再構築することが出来た」ことだと思うのですよね。
 この作品がそのパイオニアであるかは、寡聞にしてイマイチ把握しておりませんが、ただその設定をかなり有用に使えているのではないかと思います。
 まず、そもそもがSFなので、「パラレルワールドの発生」やら「次元の転移」を違和感なく盛り込むことが出来たのと、そして、過去のシリーズを「実際に起きたこと」としながらも、登場人物に今の時代に即した新しいキャラクター性を与えることが出来たことが大きのではないかと思います。
 リブート作品となると、大抵過去を一度なかったことにして新しい設定を盛り込むわけですが、このJJエイブラムスのスタートレックでは、過去を消す必要がなかった。レナード・ニモイのスポックがエンタープライズにのって大冒険したり、カーク船長がどこかの星でトカゲ頭の宇宙人ともっさりバトルをしたのも、この世界ではたしかに起こった現実なのですよ。パラレルワールドではありますが。

スター・トレック ビヨンド
 そんなわけで、過去を大事にしながら、今の観客を大切にしている、んではなかなーという本シリーズでございますよ。

続きを読む

マインド・エスケープ

マインド・エスケープ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「マインド・エスケープ」

【ストーリー】
デビッドとライアンはテレパシーのシステム装置を開発することに成功。しかし、このテクノロジー装置をCIA闇組織が狙っていた。その装置を使い人類全てをマインド・コントロールし、支配しようとする国家の危険な計画が進んでいたのだった。仲間の一人、ジョーダンはCIAから送り込まれたスパイであった。国家の恐ろしい計画を知ったデビッドは自身のマインドと生死を賭けて立ち向かうのだった。


みんしーやん的評価:
C

 あのね、映画の情報が欲しくて色々と調べたんですがね、どうにも後にも「マインドスケープ」のほうで引っかかって、ろくな情報が出てこないわけですよ。
 この時代にググって簡単に情報が出ないとか、原田彩楓さんくらいなもんでしたよ!

 なので本題です。

 なんでしょうね、いまいち「楽しい!」って感じがしないのですよね。
 確かに、なんでもない学生が世界を揺るがす大発明をする、っていうのは要素としては非常にカタルシスのあるものですし、そのきっかけのご都合主義感も、ジョーダンがCIAの人間だという種明かしで薄れてはいます。そもそもその装置が非現実的だという指摘は、まあ置いておくとして、それを扱おうとするCIA側の手段の選ばなささもよかったです。
 ただね、驚くほど登場人物たちに感情移入が出来ない。
 まず主人公の境遇に対して可哀想とも思えない。こそこそと盗難働いている上に、奥さんや子供を差し置いて謎の研究に没頭しているのだから、そりゃあ多少問題が起きても「自業自得」としか思えないってもんですよ
 親友の行動に対しても全く理解できない。親友だって言うならその、親が死んだなんて大事なことは話すだろうし、そうすれば全てが解決する。というか、そうしなかったせいで大変か事になってるんだから、なんで黙ろうとしたのか分からない。そこだけならともかく、終盤、なんでまたジョーダンに入れ込んでるんだと。
 あとは、主人公の奥さんに対しても軽くイライラですよ。そりゃね、夫があんなんで、警察沙汰な上に家まで取り上げられるとなったら、そりゃ別れようともなるでしょう。それはいいです。でもその後、旦那がCIAの研究員になったと知った途端「離婚は早かった」って、結局金の話じゃねぇか、と思ってしまうわけですよね。

 そんなこんなで、いうほど酷い出来だとは思いませんが、登場キャラがどこかと置い世界のものに見えて仕方ありませんでしたとさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。