アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「アイアムアヒーロー」

【ストーリー】
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。


評価:
A

 ※原作未見です。

 基本的に私は邦画を見ないのですよ。
 別段それは、見たくないから見ないわけではないのです。いや、まあ見たくないから見ないのは間違いないんですけど、見たくない理由は別に「邦画だから」ではないんですよね。いやまあ、それも間違いではないのですが
 なんというかですね、別段邦画でも「面白ければ見るし、見たい」わけですよ。別に製作国によって面白さが可変するなんてことはあるわけがなくて、ハリウッドのビッグバジェットだって駄作は山ほど作るし、知らない国が低予算で佳作を生み出したりもするわけでね。そこで何かを判断することはない。
 ただ、経験則というか、単にデータ上の問題として「邦画を見て面白いものに出会うケースは稀」なわけですよ。勿論邦画にも面白いものがあり、それは分かっているけれども、正直それは誤差の範囲ですらあって、利を得る可能性を排除して計算できるくらい、損をする可能性が高いわけです。
 勿論勿論、「それはサメ映画だって同じだろ」と言われれば反論のしようもないですよ。ただ、サメ映画なんて、映画界の中でも端くれでほそぼそと制作されているようなものじゃないですか。低予算でキャストも無名で、そう言った人たちが排出しているものですよ。そういう、こう言っちゃなんですが完全なる傍流と比べられて満足してるどころか、他人の揚げ足を取りたいがばかりに自ら傍流と並び立つっていうのは、どうかと思うわけですよ。そういうところに邦画の志の低さがあるわけですよね。ついでに言えば、その傍流の映画ですら、ピラニア3Dなんて傑作を生み出したりするわけですよ。予算も後押しも受けてる邦画は何をしてるんだ、って話ですよね。
 もっと言うなら、つまらない映画で比較した場合、サメ映画のつまらなさと邦画のつまらなさは根本的に違う。サメ映画のつまらなさの感想は「時間を無駄にした」って言う虚無感であり、あとには何も残らないけど、邦画のつまらなさは、もれなく押し付けがましい説教臭さと過度にウェットな展開があり、非情にイライラするのですよ。残るのはジメジメジトジトした苛立ちだけで、つまらない邦画を見ると、時間の無駄どころか完全なるマイナスでしかないんですよね。
 だから、面白い邦画を見るために冒険することが出来ない。サメ映画に比べて、失敗する確率は同じくらい低いのに、失敗したときのダメージが段違いに大きい。
 だから、邦画は見れないのです。


 とまあ、ごちゃごちゃ書いた所で、結局この映画は見たわけですよ。
 見た理由としてはいくつかあります。
 まずは、主演が大泉洋だったから。いやねぇ、ガメラ2でエキストラやった上にエンドロールに名前がなかった男が、よくぞまあって感じですよね。「二度と映画にでることないよ」などとボヤいておりましたが、いやいや、エキストラどころかすっかり主演が板につく俳優になって。安田さんはまだ名前が出ると感慨深いものを感じますが、大泉さんはもう、そんなのもないですからね。
 そんな大泉さん主演の「アイアムアヒーロー」ですが、邦画じゃないんじゃないかってくらい、とっても面白かったです
 邦画であることと漫画原作であることでマイナススタートであるわけですが、それを押し切るほどプラスの要素があり、他のB級アクション映画、ないしゾンビ映画と比較しても何ら劣るところはないどころか、より面白いとすら言える作品であると思います。少なくとも、バーニングデッドの2億倍は面白いです。
 元々が「ゾンビ映画」という、ある程度フォーマットの確立されたジャンルであり、本作もそのフォーマットにしっかりと則ってストーリーを展開しています。そもそもがゾンビ映画だという触れ込みであり、そして主人公の英雄が非情にネガティブな人間であることが描写された時点で、映画の方向性が「パンデミックを通じて英雄が覚醒する話」であることは容易に分かるわけです。しかしそれが映画の面白さを減じているわけではなく、むしろ最後に来る「英雄の覚醒」の瞬間のカタルシスそのものが映画の訴求力になっているわけです。
 これはつまり、「王道ストーリー」が普遍的に持つ訴求力で、「わかってるけど楽しみ」の典型的な流れでしょう。
 勿論、ゾンビ映画界隈だけ見たとしても、この手のストーリーは溢れています。うだつの上がらない主人公が危機的な状況でヒーローに覚醒する。しかし、それだけで映画の全てが決まるわけではない。何故この作品が面白いかというと、「何も考えずに見られる」からなんですよね。特に深い思考を巡らせなくても、物語がすっと理解でき、英雄の覚醒ストーリーに没頭することができる。
 それは話が浅いということではなく、語るべきところを明瞭に語り、本質でない部分を削っている、ということなのでしょう。
 今作で言えば、どうして世にゾンビが溢れ出したのか、その説明は一切ありません。でもそれは、この映画では必要のないこと。だから、何も語らない。ただ世界が置かれている状況は、少しずつしっかりと語っていく。

 冒頭に「人間が土佐犬に噛み付いた」ニュースを流して、しっかりとそれを拾う(しかし深く掘り下げない)。
 次に恋人に異常がおき、英雄が見に行くとゾンビ化していた。このゾンビ化を容赦なく描いており、とんでもないことが起きていることを瞬時にわからせる。

アイアムアヒーロー
 ここの動きは本当に怖かった。以降ここまで大胆なゾンビの動きはないけど、はじめに出てくる異変でここまで突き抜けているのが素晴らしい。

 その後職場に行けば、ゾンビ化は更に拡散しており、更に町に行くに連れてゾンビは増えていき、ついには山のようなゾンビが襲ってくる。
 このあたりの一連のフローが、実にきれいに流れていたように思います。何が原因かはわからないけど、とんでもないことが起きていることが、実に端的に表現されていました。
 長期展開を望める漫画や小説であれば、この原因を探るのも勿論楽しみになるのですが、時間の限られている映画でそれをやるのは、「映画の尺が無駄に間延びする」「物語の軸が散漫になる」などのデメリットが大きいので、そこをバッサリ切り落としたのは良い判断だと思います。だからこそ、英雄の覚醒という主軸がしっかり描かれており、覚醒の瞬間。素直に楽しいと思えるのです。
 そうやって「何も考えずに見る」ためには、製作者は色々なことを考えなければならないのです。こういうことが邦画でも、そして漫画原作の映画でもできるのなら、まだまだ全然、見捨てたものではないでしょう。

 楽しかったです。ただ続編はいらない。ここで英雄の覚醒という話は完結しているから。

アイアムアヒーロー
スポンサーサイト

ピラニア3D

ピラニア3D

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「ピラニア3D」

【ストーリー】
大勢のバカンス客が押し寄せ、大学生たちがハメを外すアメリカ南西部、ビクトリア湖畔の町。地元の女性保安官ジュリー(エリザベス・シュー)は、前日から行方がわからなくなっていた老人の死体を岸辺で発見する。その死体は、ゾンビのように変わり果て、普通の事故では考えられない残酷なありさまだった。


評価:
A

 年1くらいでピラニア3Dを見ないと死ぬ病気にかかっているので見ました。

 素晴らしい映画です。
 欲しいものがここには詰まっています。見る人がみんな幸せになる、誰も傷つかない映画です
 いやまあ、映画の中の人はみんな傷ついてるんですけどね、物理的に

 話は至極単純。「ピラニアが出ましたさあ大変」というだけの話です。
 この手のパニックホラーものにありがちのプロットとして、

 小さな町は祭りでこの時期大賑わい
 ↓
 危険な生き物が出てきた! 祭りを中止しないと犠牲者が!
 ↓
 そんなことしたら町が大変なことになる。祭りは中止にしない。
 ↓
 危険な生物が現れて死屍累々

 そりゃもう、由緒正しいジョーズから引き継いだ流れですよ。このプロットが、世にどれだけ溢れ、どれだけのサメ映画のパッケージ裏に、同じような文章が書かれているか、って話ですよ。
 このピラニア3Dもそれを立派に踏襲しています。
 が、世に溢れるサメ・ピラニア映画と一線を画しているのは、このプロットを踏襲しつつも、それ以外の部分でしっかりと、そして容赦なく全部のシーンを書ききっていることなのです。
 まず、湖で騒いでいる若造たちです。容赦なく頭が悪いです乳放り出してるバカと、それを見てにやけているバカしかいません。それでもしっかりお膳立てはします。ちゃんと「危険だから上がりなさい」って警告しましたよ。それでも警告を無視しました。
 そりゃもう、何があってもいいよね。もう死んで当然だよね
 いや、実際現実世界だったらそんなことで死んで当然とはならないですが、映画だから死んで当然です。見てる方は、彼らに対して何の憐憫の情も抱く必要がなくなります。だから遠慮なく見れる。イーライ・ロスの頭がボートに潰されようが、女の子がピラニアに穴だらけにされようが。「死んで当然」というお膳立てがされているので、素直に惨劇を楽しむことができるのです。しかもその人達が乳を放り出しているというのですから、これはもうウッキウキですよ

ピラニア3D
ウキウキな人たち。

 主人公サイドも見てみましょう。
 主人公は、一見うだつの上がらない高校生です。好きな子にアピールすることも出来ない男子です。よくあるシチュエーションです。非常に親近感を覚えますね。こんな親近感を覚える人がピラニアに襲われるのは、流石に心が痛みます。
 でも安心してください! この子も、ポルノ監督に気に入られておっぱいおっきいお姉ちゃんたちとキャッキャウフフしますよ! もうこいつも死んでいいよね! 幸せそうなやつはみんな死んでもいいよね!
 そんなわけで、主人公からも容赦なく同情の余地を奪っていきます。結果、見てる我々は素直に殺戮ショーを見ることが出来、「ああ、明日からも頑張ろう」って気持ちになれるわけですよ。
 素晴らしい映画じゃないですか? 現実世界では決して言うこの出来ない「リア充もげろ、いやまじで(真顔)」を、堂々と言い放ち、実際もげるわけじゃないですか、手とか脚とか。そりゃもう、現実世界でいいだけ虐げられてる我々なんかは、溜飲下げまくりなわけですよ。しかもそこにおっぱいがついてくるんであれば、これはもう見ない理由はないですよね!

ピラニア3D
おっぱいの人たち。

 などと、ルサンチマン全開で褒めてみたわけですが、実際に絵面としても面白いのですよ。この映画に求められるのは、上品なテーマ性とか教訓なんかじゃなくて、エロとグロそれだけなわけです。そして、その要求に全力で答えている。だから、素直に楽しいと思える。
 それだけではなくて、最初の犠牲者がジョーズのマット・フーパーだったりとか、エリザベス・シューとクリストファー・ロイドの、誰が見てもバック・トゥー・ザ・フューチャーを思い出すコンビががっつり出ていたりとか、主人公がスティーヴン・マックイーンの孫だったりとか、映画監督がスタンド・バイ・ミーのデブの人だったりとか、それなりに豪華且つ、80年代の、それこそこの手のスプラッター映画全盛期に活躍してた人たち(に縁がある)人が出ていたりと、非常にわかっている感があります。
 ただのスプラッター映画ではない、ちゃんと面白く、ちゃんと楽しめて、しかも何も偉そうなことは言わない、とても気持ちのよい映画です。
 グロ耐性のある人は、是非とも見てください。自分は見ないと死ぬ病気なので定期的に見ます



 ただ、一つ納得行かないことが。
 あのね、吹き替えの出川さんはダメでしょう
 いや、出川哲朗、って芸人さんは嫌いではないのですよ。
 ただ、前もゴースト・バスターズの時に言いましたが、「自分をアピールする」ことを仕事としている芸人さんと、役を演じる俳優さんとは基本的に食合せが悪いと思うのですよ。それでも顔出しの役者であれば、「芸人」という側面も見てもらうことでキャラ設定に取り込むことができるのですが、それが出来ない声優だと、芸人としての押しの強さばかりが目立って、キャラクターを殺してしまっている気がするのですよね。物語に深い意味をなさないチョイ役だったりとか、それこそ人形劇三国志みたいにそのために作られたキャラクターであれば良いのですが、今回の彼の役は違いますからね。チョイ役どころか、本来であればマフィアのボスをやってもおかしくないし、なんなら警官にケツを掘られたりしてるところにブルース・ウィリスに助けられて、八百長の裏切りを不問にしたり、まあ今全部マーセルスの話ですけど、そんな結構意義のある役に当てるのは、ちょっと違うのではないかなー。
 ちょっとそこだけが非常に残念でした。
 まあ、さしたる問題ではありませんけれどもね。

バチカン・テープ

バチカン・テープ

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バチカン・テープ」

【ストーリー】
ロサンゼルスで暮らすごく平凡な娘アンジェラ(オリヴィア・テイラー・ダドリー)は、誕生日を境に周りの人々に次々と災厄をもたらし始める。家族や友人たちが何とかして彼女を救おうと手を尽くした結果、悪魔が取りついた可能性が高いとわかる。カトリックの総本山であるバチカンは、アンジェラの悪魔払いを行うことになり……。


みんしーやん的評価:
C+

 というわけで、「アンダーワールドの制作陣が放つ」という実に遠回しな表現に一抹も二抹も不安を覚える本作であります。
 話の基本線としては「バチカンに保管されている悪魔祓いのビデオが見つかったよ」ってところからスタートして、その中の一本はこうして撮影され、世に出ました、ってところなのだと思います。なので、司祭たちも悪魔祓いの前にビデオを設置するし、ところどころビデオ映像が挿入される。
バチカン・テープ
こんな具合に

 まあ、このあたりは実に自然だ思うのですよ。POVとかだと「お前は何故その状況でビデオを回しているんだ」ってことが、比較的頻繁に発生するわけですが、今作についてはその不自然さがありません。ありませんが、別段これはファウンド・フッテージものでもPOVものでもなく、れっきとした普通の劇映画で、第三者視点も平気で盛り込まれるので、あくまでも「かかる大事件はこうして起きた」ってのを「証拠映像もこうして撮られた」ってところ込みで表現しているに過ぎないかなと。ただそこは、あくまでも「テーマに対する味付け」というのであれば、そんなに悪くないかなと思います。

 ただまあ、全体的に楽しいかというと、そこは微妙
 ハイライトは当然、悪魔に憑かれた彼女と司祭の悪魔祓い合戦になるわけですが、そこに至るまでが結構だらだらとしており、その間に「彼女がいかに悪魔なのか」を描いているわけですが、ちょっとしつこいくらいに悪魔であることを表現してるので、悪魔祓いシーンでの全力悪魔のインパクトがちょっと薄れているような気がするのですよね。
 個々のシーンも怖いかと言われれば、たしかに怖いようには演出してるけど、そんなに画面から目を背けたくなるほどの恐怖、ってのはなかったですね。むしろ、そこに届こうとする一歩前で終わってしまう感じ。いやまあ、怖い演出を見ると怖くなってしまうのでそれでもいい気はしますが、ちょっと肩透かしですかね。

 そんなこんなで、そこまで面白いというものではないです。が、そこまでつまんないと言うものでもないので、なんか5本借りたら安くなるキャンペーンのときに、数合わせででも借りてみたら良いのではないでしょうか

バーニング・デッド

バーニング・デッド

 DVDを見て参りました。
 見た映画は「バーニング・デッド」

【ストーリー】
 1846年。北カリフォルニアに位置するシエラネバダ山脈で噴火が起き、逃げ遅れた人々が溶岩にのまれ死亡した。
 それから150年以上が経過した現在。“悪魔の山”と呼ばれるその山は再び噴煙を上げ始めた。
 マグマ大爆発が予測され、政府は地元住民に対し避難勧告を通達。デントン保安官はロバーツ一家と共に32キロ圏外へ移動を始める。
 しかし、時既に遅く、“悪魔の山”は大噴火を引き起こし、山に取り残されてしまった一行。その時、彼らの前に現れたのは、想像を絶する生ける屍の大群だった・・・!ひとり、またひとりと犠牲者が出る中、果たして彼らは生き延びることが出来るのか!?





みんしーやん的評価:
D  旧点数5点

 世の中には「トレホ詐欺」というものがございます。
 「トレホ詐欺」の定義を、私なりにまとめてみました。以下の条件に合致するのが、きっとトレホ詐欺なんだと思います。

1.ダニー・トレホが出ている。
2.まるで主役であるかのようにパッケージ等に描かれている。もちろんクレジットは先頭に。
3.しかし本編ではほぼ端役。最悪10分もスクリーンに映っていない。


 つまりは、「ダニー・トレホが主演のように見せかけているが、実はチョイ役でしかない映画」ということです。
 「マチェーテ」以降、この詐欺は急増しております。
 我々の業界では、ダニー・トレホといえばそれだけで見たくなるような逸材。一般的な価値観で例えますと、ちょっと前で言えばトム・クルーズあたりに相当するでありましょうか。今で例えたらジョニー・デップあたりだと思いますが、ただデップはどっちかというとこっち側の人間なのでね。
 「マチェーテ」で主役を張るようなあの大俳優が! なんと出ているんですよ!
 という売り込みをかけているわけです。
 ただまあ、ご存知の方はご存知かと思いますが、あのおっさん馬鹿みたいに色んな映画出とるんでね。仕事を選ばないにもほどがあります。
 そもそも、あん年老いた超強面のおっさんが主演を張って喜ぶ人間なんて数が知れています。そんな少ない人間を釣り上げて、一体何が楽しいというのでしょうか。

 だから、もうそんな不毛な詐欺はやめてください。もう騙さないでください私を

 でまあ、トレホ詐欺の話はとりあえずおいておいて、見た映画の感想ですよ。

 ひどい。
 これはひどい。

 そりゃね、この映画がトレホ詐欺だってのは、映画の冒頭に早速トレホが出てきて、ものの五分で別の話に移った時点で、もう分かっていたことなんですよ。というか、パッケージを見た時点で概ね分かっていたことなんですよ。
 それでも、多少はゾンビと戦っていただければとね、こっちも淡い期待を持つわけですよ。
 一切戦わねぇんだもんな
 まあまあ、それならそれでいいんですよ。正直そんなの、いつものことなんで
 問題なのはそれ以外の映画の部分が、びっくりするくらいつまらなかった

 火山が噴火してゾンビが出てくる、っていうのもよく分からないし、帰っていく時はなおさらよく分かりません。最悪、トレホの話を信用して、火山の噴火とともに呪われた人間があふれた、って解釈ができるわけですが、帰りは本当に意味が分からない。なんなの、噴火活動が停止したからゾンビも帰ったの?
 あとはゾンビのメイクもびっくりするくらい安っぽい。今日日もっと予算のない映画だって、もうちょっと造形に凝りますよ。もっとグロいメイクもできますよ。ただ黒塗りしてうろうろさせてるだけだもん。かろうじて口から、血液的な液体をこぼれさせてゾンビっていう記号をつけてるわけですが、そんなことされたってゾンビにも見えない。やたらめったら腸を食わせればいいってものではないですよ。本当に腸ばっかり食ってたんだから(安く演出できたんでしょうね……切れた手足とか作らなくてもいいから)

 その他、予算がないくせに演出にも工夫が見られないのもマイナスですし、役者陣もさして上手くないですし、何より、「何の脈略もなくおっぱいを出す係」の女性が全く可愛くないというのが、非常に度しがたかったです。そこが、この手の映画の最後の生命線でしょうが!

 まあともあれ、ひどいもんでした。
 世界中の誰にもおすすめできません。
 「ダニー・トレホはいろんな映画に出てるんだなぁ」という事実を噛みしめるためだとしても、もっといい映画はあります。
 というか、トレホに渡すギャラをもっと有意義に使えばよかったんじゃないでしょうかね。まあ、そうなると誰もこの映画を見なくなりますが

 おわりおわり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。